2018-06-13 21:40:00

マベニア、業界で最も先進的なネットワークセキュリティーおよび詐欺管理スイートを発表

プレスリリース発表元企業:Mavenir
マベニア、業界で最も先進的なネットワークセキュリティーおよび詐欺管理スイートを発表

AI/機械学習&ビッグデータアナリティクスを使用して作られた独自のプラットフォームがリアルタイム防御機能と詐欺防止機能を提供

(米テキサス州リチャードソン & ロンドン)- (ビジネスワイヤ) -- 通信サービスプロバイダー(CSP)のモバイルネットワークの経済性を変革するマベニアは本日、Network Security and Fraud Management Suite(ネットワークセキュリティーおよび詐欺管理スイート)を発表しました。このスイートには、ビッグデータアナリティクスや先進的AI技術(機械学習、ディープラーニング)を備えた詐欺管理システムが含まれます。

通信事業者が新たなLTE対応サービスの展開を続ける中で、ダイアメーターシグナリングが悪意のある攻撃の新たなターゲットになっています。位置追跡、音声・テキストメッセージの傍受、ネットワークおよび加入者レベルでのサービス拒否攻撃、その他の不正な活動はいずれも、2G、3GのネットワークでSS7プロトコルにおいて過去に生じた詐欺的活動の原因となってきました。それだけでなく、FCCの通信セキュリティー・信頼性・相互運用性協議会(CSRIC)による最近のレポートによれば、この問題は4Gネットワークにも関係しています。

セキュリティーが侵害された場合、詐欺行為を避けることは不可能です。従来のシステムでは、もはや犯罪活動の量と速度についていくことができません。既存のシステムの多くは新種の詐欺を発見することができず、ユーザーが圧倒されるほど多数の誤報を出したり、ルールが古いために発生後かなり経ってから詐欺が検出されたりする事態になっています。さらに、詐欺の中でも最も影響の大きいタイプや手法は、サブスクリプション詐欺、PBXハッキング、IRSF詐欺、インターコネクトバイパス、プレミアムレートサービスに関係しています。

マベニアのSecurity and Fraud Management Suiteはネットワークをリアルタイムで保護し、予測分析と機械学習を利用して、新たな脆弱性が発生する瞬間にもネットワークを防衛します。マベニアは、詐欺とセキュリティーの分野で3つの分野を区別し、それに対応して次のようなソリューションを提供しています:

メッセージング収益保証:A2Pトラフィックのための革新的バイパス技術に基づいてCSPの収益漏れを防ぎます。世界各地でCSPによって確認されたスパム活動の効率的なリアルタイム検出を提供します。 ネットワークシグナリングセキュリティー:シグナリングに基づいた攻撃の発生を検出・防止するためのGSMAによる低減勧告(FS.11、FS.19)を実装するシグナリングファイアウォールソリューションを提供します。 詐欺管理:リアルタイムで詐欺行為と戦うための現代的なデータアプローチです。Network Security and Fraud Management Suiteの一部として、マベニアは、ビッグデータのアプローチに基づいた詐欺管理ソリューションを提供します。これは、無線ネットワーク上の構造化および非構造化データの量、速度、多様性を管理するために適しています。これは、CSPの喫緊のニーズに合わせて調整された独自のリアルタイム詐欺アナリティクスプラットフォームに依存しています。 マベニアのNetwork Security and Fraud Management Suiteの主要機能は以下のとおりです:

使いやすく直感的な管理インターフェースを備えるため、高度な問題対応アルゴリズムによって検出された予想外の疑わしい活動に対して、最小限のタイムラグで対応できます。 強力な相関性エンジンにより、効率的なトラフィックプロファイリング能力を通じて異常なトラフィックパターンを検出できます。相関関係エンジンの背後では機械学習の仕組みが動作し、検出されずに詐欺的活動をすることを困難にしています。 補助的アナリティクスのコンポーネントは、CSPが任意の必要な主要成果指標をベースにしてインタラクティブなダッシュボードを作ることを可能にします。生成されるレポートからは、シグナリングのトラフィックに関してセキュリティーの観点以上の情報を得ることができ、通信事業者がネットワーク最適化の機会を探る際や相互運用契約を改訂する際に利用することができます。 マベニア社長兼最高経営責任者(CEO)のPardeep Kohliは、このように述べています。「悪意のある攻撃は、テクノロジーの進化と共に急速なペースで進化しており、通信事業者の収益を奪っています。最近のCFCAの調査1が示しているように、世界の詐欺の水準をCSPの収益損害額に換算すると292億ドルになります。高度で順応性が高く自己学習が可能なセキュリティーソリューションがなければ、通信事業者は常にテクノロジーの進化に遅れ、収益を保護できなくなります。当社は、電気通信環境で使用されるあらゆるタイプのメッセージングおよびシグナリングのプロトコルに対して、高度なクラウドネイティブなセキュリティーをスパム防止・詐欺防止ソリューションやファイアウォール製品と共に提供しています。」

マベニアのクラウドネイティブなセキュリティースイートには、メッセージング(SMS、MMS、RCS)、スパムおよび詐欺抑制、装置特定情報記録(EIR)、シグナリングファイアウォール(ダイアメーター、SIP、SS7、GTP)、セッションボーダーコントローラー(vSBC)、モバイルエッジゲートウェイ(ePDG、SeGW、HeNB-GWを含む)があり、通信事業者がネットワークセキュリティーを理解、監視、実施、維持できるようにしています。このセキュリティースイートは、現代のCSPのメッセージング収益を含むコアモバイルネットワークの防護を完全にカバーしています。

マベニアのAIセンター・オブ・エクセレンスは、チェコのブルノにあります。

2018年6月12日から14日まで、ロンドンで開催される5Gワールドでマベニアをご訪問ください。

マベニアについて:

マベニアは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社の革新的ソリューションは 100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニアはVoLTE、 VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、 130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは経費削減収益確保収益保護の支援をCSPに提供します。詳細はmavenir.comをご覧ください。

  Mavenir、Mロゴ、Cloud Rangeはマベニア・システムズが所有する商標です。 Copyright © 2017 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.     1   CFCA Global Fraud Loss Survey for 2017 本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20180613005589/ja/

連絡先
Mavenir
Maryvonne Tubb
PR@mavenir.com
or
MatterNow
Lydia Fakhouri
mavenir@matternow.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース