ママたちが選んだ チャイルドシート 人気ランキング

プレスリリース発表元企業:ベビカム株式会社 

「ベビカム調査隊」がアンケート結果を公開

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)は、妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」において、「チャイルドシート」に関する調査を行い、人気ランキングを公開しました。




[調査概要]
■調査名:「チャイルドシート」についてのリサーチ
■調査方法:妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(インターネットのフォームより回答)
■調査対象:チャイルドシートを所有している方
■実施期間:2018年4月13日~4月18日
■有効回答数:620

[調査内容]
■選択肢:クルリラ/アップリカ、フラディアグロウ/アップリカ、エールベベ クルット/カーメイト、Joie Arc360°(アーク360°)/カトージ、ウィゴー/コンビ、クルムーヴ/コンビ、ミニマグランデ/コンビ、04ビーンズ/タカタ、iA01(アイエーゼロワン)/リーマン、レスティロ/リーマン、レカロ スタート/レカロ、その他
■調査項目:メーカーの信頼性、取付けが簡単、360°回転、乗せ降ろしのしやすさ、通気性のよさ、新生児から長く使える、軽量・コンパクト設計、デザイン、安全性・安定性、お手入れのしやすさ、価格、その他
■ランキングの集計方法:選択肢の中で回答者が「購入経験があるものの中で、一番良い」と答えたものを、メーカー別に集計し、多かった順にランク付けしています。また、選んだ商品について、「良い」と思う理由を、各「調査項目」の中から1つ回答してもらい、メーカー別に集計し、そのパーセンテージをグラフで示しています。
※本調査の結果の詳細は、ベビカム内「ベビカム調査隊」ページにて公開しています。
ベビカム調査隊(https://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

【調査結果の概要】
■商品のラインナップが豊富なコンビが1位を獲得
「購入経験があるものの中で一番良いと思う商品」として、コンビの商品が約3割の人に選ばれ、最も支持を集めました。
「良い」と思う理由については、「新生児から長く使える」「メーカーの信頼性」「安全性・安定性」が約2割ずつを占めました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7518/129/resize/d7518-129-336959-0.jpg ]

【みんなの口コミ】
●【クルムーヴ】360度回転するので、乗せ降ろしの時はもちろん、車中でぐずった時もお世話しやすいです。車を降りるときに、車内で抱っこひもに移動させるのも簡単。(30代 東京都 響さん)
●【ウィゴー】オムツ漏れや食べかすで汚れた時に、洗いやすい!(30代 千葉県 まいさん)

■第2位にはアップリカがランクイン
第2位は、フルフラットシートが人気のアップリカで、約2割の支持を集めました。「良い」と思う理由は、「メーカーの信頼性」が23%、「新生児から長く使える」が22%でした。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7518/129/resize/d7518-129-196731-1.jpg ]

【みんなの口コミ】
●【フラディアグロウ】座席の角度が変えられるので、座り心地がよさそうです。座席位置が高いので、車外をよく見て楽しそうにしています。(30代 岡山県 こあらっさんさん)
●【クルリラ】取り付けがISOFIXとシートベルトの両方対応なので、家の車でつけかえられます。チャイルドシート自体は大きいのですが、回転式なので、子どもを乗せるのが楽です。(40代 愛知県 まひなさん)

■クルットが人気のカーメイトが第3位
コンビとアップリカは人気のチャイルドシートが分散していたのに対し、第3位のカーメイトはクルットに人気が集中していました。「良い」と思う理由については、28%の人が「360°回転」と回答しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/7518/129/resize/d7518-129-390268-2.jpg ]

【みんなの口コミ】
●【クルット】子どもをチャイルドシートに乗せるときは、けっこう時間勝負なことが多く、途中でぐずったり暴れたりしたらもう大変!装着が簡単で、360度回転の乗せ降ろししやすいチャイルドシートにして、とても助かったなと実感しています。(20代 千葉県 なっちゃんさん)
●【クルット】お店に見に行くまでこのメーカーのことを知らなかったのですが、保証がとても良かったのでこれにしました。(30代 埼玉県 シェリーメイさん)

■難しいチャイルドシート選び 使ってみて初めてわかることも
車や使用状況など、各家庭でチャイルドシートに必要な条件が異なる上に、種類が多いので、選ぶのに苦労している様子がアンケートからうかがえました。いろいろ考えて選んだチャイルドシートでも、「実際に自分の車に装着して長時間乗せてみないとわからないことがあった」という声も寄せられました。

■サイト情報
ベビカム https://www.babycome.ne.jp/
日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、病院予約や病院口コミ、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営している。また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞。
ページビュー 530万PV/月
ユニークユーザー数 138万人/月・950万人/年
会員数 331,500人
■会社概要
ベビカム株式会社
(2016年2月20日に、株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間800万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業を行う。また、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等も提供する。

会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
ホームページ:http://company.babycome.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:新井
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489
E-Mail:prs@babycome.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース