ビットコイン・リーディングカンパニーRenvale Capitalグループ、2018年のアジア進出本格化

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス


Renvale Capitalグループが2018年にアジア市場への進出を本格化する計画であることを発表。
Renvale Capitalグループは2006年にアメリカで設立されて以来、世界各地の個人や機関の顧客に個人投資サービスと外国為替取引口座の委託管理を提供しているRenvale Capitalグループは、広い範囲でのこれらの方式を適用し、ビットコイン取引分野で大きな成功を収めている会社である。
特にウォールストリートで10年以上の勤務経験を持つ熟練したトレーダーやアナリストのチームが継続的な業績を達成することにより、投資家に強力ながら危険性が調整された投資利益を確保することを目的としている。すでに全世界の50カ国に支社を置いており、現在、52億ドルを超える資産を管理している。
今までの経験よデータベースを元にアジアでもリーディングカンパニーになれるよう、着実に進出する予定であることを明らかにした。

金融信託と技術革新を一つに連結した投資サービス専門企業である、Renvale Capitalグループが2018年にアジア市場への進出を本格化する計画であると5月23日、明らかにした。

2006年にアメリカで設立されて以来、世界各地の個人や機関の顧客に個人投資サービスと外国為替取引口座の委託管理を提供しているRenvale Capitalグループは、広い範囲でのこれらの方式を適用し、ビットコイン取引分野で大きな成功を収めている。

特に、ウォールストリートで10年以上の勤務経験を持つ熟練したトレーダーやアナリストのチームが継続的な業績を達成することにより、投資家に強力ながら危険性が調整された投資利益を確保することを目的としている。すでに全世界の50カ国に支社を置いており、現在、52億ドルを超える資産を管理している。

Renvale Capitalグループの関係者によると、「2006年以来、ずっと投資サービス業界の先頭企業の一つでありながら、投資家の資本を増やすためにより良い戦略を模索し、絶えず新しい戦略をテストしてきた。」とし、「誠実な事業上の評判と顧客への奉仕精神で、2008年に歴史上、最も苛酷な経済危機を克服したが、それもすでにすべての予防措置をしておいたからである。そして、これらの方式が投資家たちの信頼を得たのである。」と述べた。

関係者によると、Renvale Capitalグループは一ヶ月以内に多大の利益を上げられるユニークな取引戦略を開発している。取引量を通じて世界最大の為替レートでの大量データを収集し、グループが独自で開発した多目的モデルを活用している。データベースの発展に伴う取引戦略は、多くの成果を生み、累積利益総額の投資収益が非常に高いことで知られている。

特に2012年からグループが提供するポートフォリオの中にビットコイン取引を導入しはじめたのだが、ビットコインは毎年大幅の成長を見せているので、現在では興味深くて新しい資産増加戦略として浮上している。

グループの関係者は、「2017年までに11年間、世界で第2位のビットコイン市場である北米で強力な影響力を行使して来た。そして、着実な成長と戦略的な買収を通じ、業界のリーディングカンパニーとして成長したのである。」とし、「アジア市場への進出をじっくり準備してきたので、2018年は本格的な進出のための努力を注ぐ予定である。」と述べた。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース