愛知県出身の作家による名古屋愛あふれる4コマ漫画『八十亀ちゃんかんさつにっき』が、まさかのTVアニメ企画進行中を発表!

プレスリリース発表元企業:株式会社一迅社
八十亀ちゃんかんさつにっき(1)

八十亀ちゃんかんさつにっき(2)

八十亀ちゃんかんさつにっき(3)

株式会社一迅社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長:原田修)は、原作コミックス累計20万部を超える「名古屋あるある」4コマ漫画『八十亀ちゃんかんさつにっき』(安藤正基:著)がTVアニメ化企画進行中であることを発表いたします。
※読み:八十亀ちゃんかんさつにっき→やとがめちゃんかんさつにっき

名古屋市民なら共感できる「名古屋あるある」を4コマ漫画で表現した本作品は、SNS等で人気を博し、現在では月刊Comic REX(一迅社:刊行)にて連載しております。
TVアニメ企画進行の方法・宣伝展開につきましても“名古屋文化の独自性”をふんだんに生かしたクオリティを目指しております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/157317/LL_img_157317_1.jpg
八十亀ちゃんかんさつにっき(1)

■『八十亀ちゃんかんさつにっき』(※以降、本作品)とは
露骨な名古屋弁を話す少女・八十亀と東京育ちの転校生・陣による“ご当地文化の違い”を描いた本作品はTwitterで人気を博し、現在では『月刊Comic REX』(一迅社:刊行)にて連載しております。

また、物語の舞台は名古屋ですが、作中では岐阜県・三重県のことも取り上げられており、東海三県のご当地文化を基にストーリーが作られています。


■愛知県名古屋市によるキャラクター使用
名古屋市より本作品の主人公キャラクターが「観光文化交流特命大使」を任命。
2017年2月27日に本作のヒロインである主人公、八十亀最中は、愛知県名古屋市より「観光文化交流特命大使」に起用されました。
※情報ソース: http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000089935.html

今後の本作品の企画発表に是非ご注目ください。


■商品情報
タイトル: 八十亀ちゃんかんさつにっき(4)
発売日 : 2018年5月26日(土)
著者 : 安藤正基
出版社 : 一迅社
定価 : 本体 574円+税(通常版)
本体1,300円+税(特装版)

八十亀ちゃんかんさつにっき
https://www.atpress.ne.jp/releases/157317/img_157317_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/157317/img_157317_3.jpg


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース