Renvale Capitalグループ、Blockchain Exchangeとの提携契約を締結

プレスリリース発表元企業:株式会社セトワークス


アメリカの暗号化金融投資専門会社Renvale Capitalグループ(CEOウィル・コリンズ)が韓国の場外取引(OTC)サービスプラットフォームであるBlockchain Exchangeと提携契約を締結しました。
今回の協約でアメリカに続き、アジアでの暗号化貨幣市場での地位を高め、暗号化貨幣流通サービス市場での競争優位性を大幅に強化し、拡張することができるものと期待しています。

アメリカの暗号化金融投資専門会社Renvale Capitalグループ(CEOウィル・コリンズ)が韓国の場外取引(OTC)サービスプラットフォームであるBlockchain Exchangeと提携契約を締結したことを21日にて発表した。

今回の提携契約は、Renvale Capitalグループがアジアの暗号化貨幣市場進出戦略の拡張計画を発表してから一ヶ月足らずの間での成果であり、正式契約式は2月9日Blockchain Exchangeのソウル本部で行われた。

両社は今回の協約で暗号化貨幣市場での地位を高め、暗号化貨幣流通サービス市場での競争優位性を大幅に強化し、拡張することができるものと期待している。

暗号化貨幣の場外取引(OTC)サービスを提供しているBlockchain Exchangeは、個人や企業が暗号化貨幣取引をできるようにしており、世界的な運営と顧客サービスのスキルを保有しているという評価を受けている。

今回の契約でRenvale CapitalグループはBlockchain Exchangeを通じて、顧客に暗号化貨幣店頭取引(OTC)サービスを提供することになる。また、Blockchain Exchange本社に事務所を設立し、地域の顧客のためのサービスを提供予定である。

Blockchain Exchangeのシン・ウンギ会長は「アジアが急速な人口の高齢化に直面していることから、多くの人が暗号化貨幣を取引する過程で困難を経験する可能性が高い」とし、「私たちは、暗号化の通貨取引中に支援が必要な人々に専門的な指導と特化された顧客サービスを提供する予定である。」と述べた。

また、シン会長は、「今回の協約は‘銀行口座を持たない顧客’に対し、銀行化したサービスを提供する一つの大きな節目になるだろう」とし、「暗号化貨幣プラットフォームの基盤の発展のため、重要な印になるだろう。」と意味を付与した。

Renvale CapitalグループのCEOウィル・コリンズ(Will Collins)は、「最近、数ヶ月の間に韓国は急速に暗号化貨幣の安全性を高めている。」とし、「12年間の投資管理記録を持っている企業として、当社の取引能力と運営知識はこの条約により、最大限に活用できるだろう。」と述べた。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース