2018-05-24 10:00:00

“保険×IT×AI” インシュアテック第3弾!住友生命と「Vitality」サービスの一部を共同開発で合意 

プレスリリース発表元企業:保険クリニック

~『保険クリニック』生命保険証券自動分析サービスのAI構造化OCR技術を応用~

保険ショップ『保険クリニック』(全国177店舗 2018年4月末現在)を運営する株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本竜二)の100%子会社である株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本伸弘)は、住友生命保険相互会社(本社:大阪府大阪市 取締役代表執行役社長:橋本雅博)と、5月18日(金)より、当社が生命保険証券自動分析サービス※1で運用しているAIを活用した「構造化OCR技術」を応用し、住友生命が「Vitality」にて取り扱う「健康診断書」画像のデータ化技術を共同検討し今後の検証を経て業務に利用する方向で合意いたしました。



※1 スマートフォンやタブレット等のカメラで生命保険募集人が撮影した生命保険証券を、AIを搭載しディープラーニング技術を活用して生命保険証券を自動分析するサービス。
「構造化OCR技術」を使用し、撮影された画像データから、保険の概要を把握するために必要な保険証券に記載の、保険種類、保障内容、保険期間、保険金額、保険料、などの情報が自動でデジタル化されます。
http://www.irrc.co.jp/pdf/press443.pdf

【住友生命「Vitality」について】
生命保険、貯蓄投資商品等をはじめ、ウェルネス分野に強みを持つ南アフリカの金融サービス会社Discovery(Group Chief Executive : Adrian Gore、以下「ディスカバリー」)が、健康を改善するツールや関連知識、それを促すインセンティブ等を提供することで、保険加入者がより健康になることをサポートするプログラムです。このプログラムは、臨床研究や行動経済学に基づいており、生活習慣病の増加を抑える上で重要な「健康チェック」「予防」「運動」に着目し、保険加入者の健康増進への意欲を高める仕組みとなっています。各種インセンティブが長期的に健康増進に寄与する行動変化を促すという仕組みが保険商品に組み込まれており、保険会社や保険加入者の双方にメリットの好循環をもたらし、社会全体の健康増進にも寄与するものです。
ディスカバリーは、南アフリカ、英国、米国、中国、シンガポール、オーストラリア、ドイツ等、世界17の国と地域で約750万人に「Vitality」を提供しています。なお、日本への「Vitality」導入については、住友生命が独占契約を結んでおり、今年の夏に「健康増進型保険」として発売予定です。
詳細はこちら:http://vitality.sumitomolife.co.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/1256/431/resize/d1256-431-192775-0.jpg ]

【今回のリリースについて】
Vitality健康プログラムのしくみの1つであるVitality健康診断の機能を管理するシステムにおいて、すでに『保険クリニック』で運用実績があるAIを活用した「構造化OCR技術」を応用します。
これにより、お客さまにご提出いただく健康診断書の画像を自動でデジタル化することが可能になります。

【今後の展開】
当社は、従来の『ASシステム』※2をはじめとする保険販売のためのシステムとそれを通じたノウハウ提供に加え、株式会社インフォディオの技術を駆使し、AI技術を活用した新たなシステム・アプリの開発や、各金融機関のニーズに合わせた専用のシステムの新規開発等、フィンテック分野への取り組みを強化し、保険ショップだけでなく様々な販売チャネルでのより良い保険コンサルティングのためのサービス提供を行ってまいります。

※2 当社が独自に開発し保険ショップ『保険クリニック』で活用している保険分析・検索システム『保険IQシステム』と同等の機能を持ち、既契約の証券分析業務を支援するシステムです。
銀行・企業代理店・保険代理店等の保険販売会社など、現在までに約340社の企業に導入され、保険販売の現場でお客様と保険募集人の双方へコンサルティングシステムを提供してまいりました。(保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』を含む。)

【株式会社アイリックコーポレーション・『保険クリニック』について】

[画像2: https://prtimes.jp/i/1256/431/resize/d1256-431-398172-1.jpg ]

業界に先駆け、来店型個人向け総合保険コンサルティングサービスを1999年に開始して以来、保険ショップ『保険クリニック』(全国176店舗 2018年3月末現在)を展開し、法人及び個人向けの保険コンサルティング業務ならびに保険代理店向けの保険販売ソリューションを提供している保険総合代理店です。専門のコンサルタントが、当社独自開発の保険分析・検索システム『保険IQシステム』を使用し、お客様一人ひとりのご要望に合わせた最適な保険プランのご案内を行っています。特定の保険会社に偏らないコンサルティングには定評があり、顧客・保険会社・代理店の【三者利益の共存】を目指し事業を展開しています。
近年は、AI技術を活用し、保険版フィンテックであるインシュアテックへ取り組みを強化し、顧客サービス向上を目指した展開をしています。
所在地  東京都文京区本郷2-27-20 本郷センタービル4F
URL   http://www.irrc.co.jp/


【株式会社インフォディオについて】

[画像3: https://prtimes.jp/i/1256/431/resize/d1256-431-569590-2.jpg ]

設立当初から一貫して、常に新しい生命保険システムの開発を目指してきました。
親会社の保険代理店であるアイリックコーポレーションとともに、保険を購入されるお客様、保険を販売する代理店の立場に立って、独自の保険システムを作り続けてきました。我々がこれまでに培ってきた業務知識、インタラクティブな操作性と高い表現力をもったユーザインターフェース、Webの技術、タブレットの技術を駆使し、常に新しい技術にチャレンジし、保険業界に革新的なシステムやサービスを生み出していきたいと考えます。
これからも保険業界の流通革命につながる提案や開発を行ってまいります。
所在地  東京都文京区本郷2-27-20 本郷センタービル5F
URL   https://www.infordio.co.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース