2月には約3,500名が来場し、定期開催が決定!「瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)」5月27日開催

プレスリリース発表元企業:瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)実行委員会
出店者とメニュー黒板1

出店者とメニュー黒板2

試験開催時の模様1

瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)実行委員会(所在地:広島県三原市、運営:株式会社まちづくり三原)は、三原の食の魅力を発信する「瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)(マーケー)」の定期開催(5月/7月/9月/11月)を決定しました。第1回は2018年5月27日(日)、三原駅前市民広場に飲食店24店舗(新規5店舗)、ハンドメイド6店舗(新規3店舗)が集まります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156537/LL_img_156537_1.jpg
出店者とメニュー黒板1

■定期開催の背景
株式会社まちづくり三原は、2018年2月25日(日)に「瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)」のテスト事業を実施し、当日は飲食店24店舗、ハンドメイド4店舗の出店と、約3,500名の来場者を迎える大盛況となりました。予想以上のお客様がお見えになり、開始後1時間程度で売り切れる店舗も出たほどです。
このたび2月のテスト事業成功を受けて、「瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)」を5月・7月・9月・11月に定期開催することを決定いたしました。


■「瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)」について
本イベントは、三原の食の魅力を発信することを通じて、三原に食を目的に来ていただくお客様づくりと、三原の飲食店のレベルアップ、ブランド力向上・PR を目的としています。三原の恵まれた気候によって育まれた農漁業産品、生産者の手仕事にこだわった美味しいもの・良いものを集め、各店がこのイベントのために新商品の開発などの新しいチャレンジに取り組んでいます。

ネーミングの「MARKEEE(t)」は「マーケー」と呼び、「マーケット」と「広島の言葉で“まあ来なさい”を意味する“まぁけぇ”」を掛け合わした造語です。

5月27日のMARKEEE(t)では、道の駅みはら神明の里さんから、市内の特産物である「米粉」と「神明鶏」を使用したオリジナルメニューを。「くりーむパン」で有名な八天堂さんからは、セミハードパンを販売されます。その他出店者が工夫を凝らしたメニューが勢揃いします。

<開催概要>
名称 : 瀬戸内みはら 美味しいMARKEEE(t)
開催日時: 5月27日(日)10:00~15:30
開催場所: 三原駅前市民広場
※7月29日(日)・9月23日(日)・11月25日(日)の
開催時間・場所は現在調整中。
URL : http://www.machi-mihara.info/markeee/
Facebook: https://www.facebook.com/miharamarkee/


■会社概要
株式会社まちづくり三原は、中心市街地活性化を促進しまちなかの魅力と資産価値を高め、まちなかの再生を目指している企業です。創業促進事業や遊休土地活用に向けた調査・整備事業、市内事業所活性化のためのイベントなどを展開しています。

会社名 : 株式会社まちづくり三原
所在地 : 広島県三原市港町1-2-26 渡辺ビル2F
代表者 : 勝村 善博
設立 : 2009年
事業内容: まちづくりに関する事業推進及び実施、企画調整、調査研究
URL : http://www.machi-mihara.info/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース