日本初!画期的なアスリート支援サービス『Get Support Project』始動!

プレスリリース発表元企業:株式会社プラスワンエージェント
メインビジュアル1

メインビジュアル2

メインビジュアル3

ウェブサイトの企画、運営及びコンサルティングを行う株式会社プラスワンエージェント(所在地:香川県高松市、運営責任者:相引 勝寿)は、スポーツ支援を目的とした新サービス『Get Support Project』を5月7日(月)より開始いたしました。競技種目、ジャンルを問わず誰でも参加可能なので、各方面から好評の声をいただいております。

Get Support Project WEBサイト: https://www.get-support.jp/


【マイナースポーツアスリートを取り巻く現状】
昨今のスポーツ配信サービスの拡大や健康志向の高まりによって、スポーツ熱はアスリート、サポーターともに年々上昇しています。2年後には世界から1万人を超える選手が集まり、磨き上げた技を競い合います。今回はいくつメダルを獲得できるか、今から期待の声が上がっています。

アスリートは、日々のトレーニングや海外の遠征で経験を積むことが欠かせません。国やスポンサー企業から支援を受けているとはいえ、遠征費用や用具調達などに不足した費用分は、アルバイトをしたり、家族や友人からお金を借りることさえあるといいます。特にメディアに注目されづらいマイナースポーツのアスリートを取り巻く環境は、深刻な状況にあることがたびたび報じられています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156442/LL_img_156442_1.jpg
メインビジュアル1


【今までなかった新しいスポーツ支援のカタチ】
株式会社プラスワンエージェントは、そんな活動資金調達にお困りのアスリートを支援したいという目的から新サービス「Get Support Project」(ゲットサポートプロジェクト)を立ち上げました。ウェブサイトを通じて、各アスリートのオリジナルグッズを販売し、サポーター(ファン)から支援を募るサービスです。販売利益の大部分を支援として、アスリートに還元いたします。アスリートは競技種目やジャンルを問わず誰でも参加可能で、サポーターはグッズ購入を通して気軽に支援を行うことができます。


◆Get Support Projectサービスの3つの特長◆
・在庫リスクゼロ
グッズ販売となると「知名度がないと売れ残ってしまう」、「大量に在庫を抱えないといけない」という問題がネックになりますが、独自のオンデマンドシステムを使用し、注文毎に1枚、1個~生産、配送が可能なので在庫リスクが一切ありません。

・デザイン提案
アスリート自身がデザイン制作ができなくても、プロのデザイナーによるデザインの相談、提案を無料で行います。オリジナルグッズ開発やデザイン提案などトータルサポートいたします。

・使用期限なし
一般的なクラウドファンディングと異なり、支援期限や失敗がありません。また、引退後もそのままサービスを受け続けることが可能です。


【今後の動向】
「Get Support Project」はアスリートがいつまでも夢を追い続けることができるように、そしてその夢がいつか叶うようにグッズ販売を通してサポートして参ります。今後は、社会貢献そしてアスリート支援の輪が広がることを目指しています。


【会社概要】
会社名 : 株式会社プラスワンエージェント
運営責任者: 相引 勝寿
本社 : 〒760-0080 香川県高松市木太町5116-20
資本金 : 1,000万円(2018年2月末日時点)
従業員数 : 130名 ※グループ全体(2017年12月末日時点)
事業内容 : 広告代理業、インターネット広告事業
ウェブサイトの企画、運営及びコンサルティング
マーケティングに関する企画、調査及びコンサルティング
URL : https://www.get-support.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース