本場ハリウッドの男性トップダンサーが六本木に上陸!!本格ダンスエンターテインメントショーが堪能できる「I MEN TOKYO」クリス・ジャッドを迎えオープン

プレスリリース発表元企業:株式会社ムーンチャイルド

I MEN TOKYO(アイ メン トーキョー)(株式会社ムーンチャイルド、本社:東京都港区、代表取締役:岸 和弘)では、2018年5月8日(火)に「I MEN TOKYO」オープニングパーティーを実施し、世界的に有名な振付家Criss Judd(クリス・ジャッド)やエグゼクティブプロデューサーDino Manriquez(ディノ・マンリケ)、7人の外国人トップダンサーが登壇しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156130/LL_img_156130_1.jpg
集合写真(1)

日本のエンターテインメントがカジノや風営法など様々な法改正によって活性化しつつありますが、まだまだ東京の夜を楽しめる店舗は少ないと言われています。そこで、本場ハリウッドのダンサーたちによる洗練された本格的なショーを堪能してもらおうという意図で「I MEN TOKYO」をオープンいたしました。


■振付家Criss Judd(クリス・ジャッド)氏がショーを演出/「マイケルのエナジーが感じられると思う」
「I MEN TOKYO」で行われるショーの振付けは、故マイケル・ジャクソンさんの「デンジャラス」ツアーなどに携わった振付家Criss Judd(クリス・ジャッド)氏が務めます。クリス氏は、「ダンスはとてもエモーショナルなものに仕上がっている。マイケルのエナジーが感じられると思うよ」と語りました。
また、エグゼクティブプロデューサーであるDino Manriquez(ディノ・マンリケ)氏も、「東京は今後オリンピックも控えて特にナイトシーンには大きなビジネスチャンスがあると思っている。200人を超える応募の中から、トップダンサーを揃えたので日本の女性は期待してほしい。」と熱いメッセージを送りました。


■7名のトップダンサーがショーを初披露!
選抜された7人のダンサーはいずれもイケメン。ノリの良い音楽に合わせてキレのあるダンスを次々と披露していきました。やがて上半身裸になると、鍛え抜かれた肉体があらわに。会場に詰めかけた多くの女性からは、たくさんの歓声や拍手が起こりSNSにもアップされる姿が目立ちました。

「本当にこの日を楽しみにしていた。情熱的で起伏のあるショーを作ったので、是非観に来てほしい。」(クリス氏)

7名のトップダンサーは年齢も国籍も違う個性豊かなメンバーで、ミレニアムダンススタジオの出身者など、全員が現役の世界的なトップダンサーというから驚き!

現在このような店舗は日本には存在しておらず、海外のラスベガスでは有名店舗も多く、そこでは毎夜たくさんのセレブや女性客らが訪れ、バチェロレッテパーティー(独身最後のパーティー)などを楽しんでいるそうです。

オープニングパーティー動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=v_bSrdms9OM&feature=youtu.be


■【I MEN TOKYOとは?】
インバウンドによる訪日客や女性の嗜好の変化、法改正によって日本のエンターテインメントが活性化しつつあることを背景に、夜の六本木を盛り上げていきたいという思いのもと、7人の外国人トップダンサーによるエンターテインメントショーを行う日本唯一のショーバーI MEN TOKYO。
ショープロデューサーのCriss Judd(クリス・ジャッド)は、主にロサンゼルスで活動する振付家でマイケル・ジャクソン、ジェニファー・ロペス、セリーヌ・ディオンなど数々のアーティストの振付けや演出を担当し、シュガーボウルのハーフタイムショーの振付け・演出も成功させるなど世界的に活躍しております。
ダンサーはミレニアムダンススタジオの出身者をはじめ、世界中から選び抜かれたトップダンサー7名によるショーでスタートし、今後は日本人の起用も検討しております。
ショーを華やかに演出する衣装や鍛え抜かれた肉体美とともに圧倒的なパフォーマンスをお楽しみいただけます。
I MEN TOKYO 公式サイト: https://imen-tokyo.com/


■【I MEN TOKYO(アイ メン トーキョー)店舗情報】
所在地 :東京都港区六本木3丁目8-15 六本木日拓ビル2階
電話番号 :03-6447-2443
ショー回数:火、水、木、土 2部/a day 金 3部/a day 日曜2部/a day(月曜 定休)
※ショー時間は1回50分程度
※ショーの開園時間などの詳細は公式サイトでご確認ください。
最寄駅 :東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線
六本木5番出口より徒歩2分、六本木3番出口より徒歩3分


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告