ドローン向け商用クラウドサービス「DroneDeploy」を提供開始

プレスリリース発表元企業:ソフトバンク コマース&サービス株式会社



ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下「ソフトバンクC&S」)は、DroneDeploy(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:Mike Winn)のドローン向け商用クラウドサービス「DroneDeploy(ドローンデプロイ)」を、2018 年 4 月24日から提供開始します。

「DroneDeploy」は、ドローンの自動飛行と自動撮影をスマホやタブレットのアプリから簡単に制御することができるサービスです。利用者は目的に応じたエリアや撮影条件を設定するだけで、ドローンが自動で離陸、飛行、撮影、着陸までを行います。撮影されたデータはリアルタイムで地図化されます。(ライブマップ機能)
[画像1: https://prtimes.jp/i/22656/114/resize/d22656-114-957470-0.jpg ]

また、空撮データを用いた3D図面や植生指標データの作成、地表の標高計算といった加工・分析もアプリ上で可能です。一連の動作はすべてクラウド上で展開されるため、データ処理用の高機能なパソコンなどが不要な上、データ共有も容易です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22656/114/resize/d22656-114-907887-1.jpg ]

さらに、「DroneDeploy」の特長の一つに、アプリケーションと連携することで機能を拡張できることがあります。DroneDeploy社が運営するApp Marketで提供されている100種類以上のドローン用アプリケーションから用途や目的に応じて選定し、「DroneDeploy」と組み合わせて利用することができます。

「DroneDeploy」は、すでにアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界約180カ国・地域で利用されており、主に農業や建設、測量業界で高い注目を集めています。ソフトバンクC&Sは、国内向けに日本語化されたバージョンを販売します。また、日本語によるサポート窓口を用意し、どなたでも安心してご利用いただけます。

■「DroneDeploy」の特長
・スマホやタブレットで簡単に自動飛行制御できるので、操縦者がいなくてもドローンが活用できる
・飛行、撮影、加工、分析まで「DroneDeploy」でできるので、導入しやすい
・撮影しながらリアルタイムに地図作成が進む
・すべての動作がクラウド上で完結するので高価なハードウエアの購入が不要で、データ共有も簡単にできる
・アプリケーションと連携し、機能を拡張できる
・日本語版の提供と日本語でのサポート窓口で安心して利用できる
[画像3: https://prtimes.jp/i/22656/114/resize/d22656-114-537071-2.jpg ]

■「DroneDeploy」対応機種(2018年4月24日現在)
・Mavic Pro
・Phantom 4 Pro / Phantom 4 Advanced / Phantom 4 / Phantom 3 Pro
・Inspire 1 / Inspire 1 Pro (including support for the Zenmuse x5 camera)
・Matrice 100 / Matrice 200 (M200) / Matrice 210 (M210) / Matrice 600
[画像4: https://prtimes.jp/i/22656/114/resize/d22656-114-504282-3.jpg ]

■製品に関する詳細、お問い合わせ
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 「DroneBank」(https://dronebank.jp/

DroneBankは、ドローンのビジネス活用に有益な情報やコンテンツを配信する総合サイトです。
URL:https://dronebank.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/DroneBank/
Twitter:https://twitter.com/DroneBank

■DroneDeploy社CEOのMike Winn(マイク・ウイン)氏のエンドースメント
「日本市場におけるソフトバンクC&Sとの協業をうれしく思います。これは、弊社が最も進んだドローン市場の一つに参入できたことを意味しています。ソフトバンクC&Sにより、『DroneDeploy』が日本のすべての産業ドローンの制御システムとなり、そしていつの日か世界へ拡大していくことを確信しています」

・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
・このプレスリリースに記載されている内容、製品・サービスの価格、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報はその後予告なしに変更される場合があります。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース