テクトロニクス、テストの設定から分析まで素早く実行する高性能、6.5桁DMMとデータ・ロガーを発表

プレスリリース発表元企業:テクトロニクス




ケースレー DMM6500型6.5桁DMMとDAQ6510型データ・ロガー/データ収集システムのタッチスクリーンによる卓越した操作性、豊富な測定機能、優れた感度と拡張性

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/52/26792/400_326_201804162157345ad49dbea59ee.jpg


報道発表資料
2018年4月17日

テクトロニクス(所在地: 東京都港区、代表取締役: Kent Chon)は、本日、ケースレーのDMM6500型6.5桁グラフィカル・サンプリング・マルチメータと、DAQ6510型データ・ロガー/データ収集システムを発表します。両機種とも、ピンチ&ズームによるタッチスクリーン・インタフェースを備えているため、簡単かつ迅速なテスト・セットアップと分かりやすいモニタリング/データ表示ができます。また、15種類の強力な測定項目と広い測定レンジ、マルチチャンネル測定機能、クラス最高レベルの確度と感度を実現しています。

今日のエンジニアは、テストにおいて常に性能、確度、柔軟性を求めています。しかし、市場投入までの時間が短くなるにしたがって、それ以外にもシンプルで直感的なインタフェース、迅速な操作を求めており、より多くの時間を本来の業務に充てたいと考えています。新製品の6.5桁デジタル・マルチメータとデータ・ロガー/データ収集システムは、5型(12.7cm)のタッチスクリーン・ディスプレイを搭載しており、グラフ表示、ピンチ&ズーム、カーソル、統計表示機能により、詳細な測定トレンドと波形特性が表示できるため、セットアップ、監視、測定に要する時間を短縮することができます。

テクトロニクス、ケースレー製品ライン、ジェネラル・マネージャのマイク・フラハーティ(Mike Flaherty)は、次のように述べています。「エンジニアというだけで、また最終的にはエンジニアには分かるからという理由だけで、複雑で雑然としたユーザ・インタフェースの使用を強いられる時代は過ぎ去りました。今回、複雑なインタフェースをシンプルにした計測器を発表することで、お客様は本当に重要な作業に集中できるようになります。つまり、測定ツールの操作方法を学習するのではなく、設計または出荷する製品に注力するということです」

DMM6500型:優れた機能と手頃な価格
DMM6500型6.5桁グラフィカル・サンプリング・マルチメータは、キャパシタンス、電圧または電流波形のデジタイジング、熱電対、サーミスタ、RTD(測温抵抗体)による温度など、15種類の測定に対応しています。波形とトランジェントは1MS/s、16ビット・デジタイザで取込めるため、1台の計測器で数多くの測定を行い、IoTデバイスなどの無線デバイスのより複雑な負荷電流プロファイルなどを調べることができます。

DMM6500型にはクラス最高レベルの測定感度があるため、設計エンジニアは低電力製品の測定に使用できます。DC電流最小分解能は10pA、抵抗最小分解能は1μΩです。1年基本最高確度が0.0025%と優れており、2年の校正サイクルによって長期使用が可能であるため所有コストも抑えられます。IoTによる低電力デバイスの普及により、エンジニアは今まで以上に低レベル測定の必要に迫られています。

DMM6500型は5型(12.7cm)タッチスクリーン・ディスプレイを装備しています。操作が容易なスワイプ画面、階層の浅いメニュー構成になっており、簡単なピンチ&ズーム操作ですばやく詳細にデータを解析できます。タッチスクリーンのカーソル機能により、波形の特定の部分または波形全体におけるピーク値、平均値、最小値、偏差値などの統計データを使って測定値を評価します。最大7百万の読取り値がDMMに保存でき、このクラスの計測器としては業界トップクラスです。

複数のチャンネルが必要な場合は、オプションの10チャンネル・スキャナ・カードまたは9チャンネルの熱電対スキャナ・カードを後部パネルのスロットに装着できます。DMM6500型の標準のインタフェースはLAN/LXIとUSB-TMCです。ユーザが装着可能なオプションのインタフェースには、6デジタルI/Oビットを含んだGPIB、RS-232、TSP-LINKがあります。

最小限のテスト・コード変更で従来のテスト・システムのハードウェアを簡単にアップグレードできるよう、DMM6500型にはケースレー2000シリーズ6.5桁DMM、キーサイト34401A 6.5桁DMMのエミュレーション・モードがあります。

ケースレー独自のテスト・スクリプトであるTSP機能により、PCからの開始コマンドのみで複雑なテストを実行できます。これにより、PCとのコマンド通信の数を減らすことができるため、計測器の試験時間を短縮します。この機能により、DMM6500型の独自の動作や、操作手順など、独自のニーズによる表示も可能になります。

DMM6500型はクラス最高レベルの機能と優れた操作性を、従来のDMMと同等の価格帯(税別13万9千円)で実現しています。

DAQ6510型:新たなレベルのシンプルさ
DAQ6510型は、膨大な数のサンプルの製品試験を迅速にセットアップしなければならない環境試験、不良解析、品質保証に最適なデータ・ロガー/データ収集システムです。

DAQ6510型はタッチスクリーン・ディスプレイを装備しており、マルチチャンネル測定システムのセットアップ、実行、観測、解析を簡素化して一つの画面で設定できます。従来のデータ・ロガー製品では、長時間のテストを実行した場合、テストの進行状況を知る方法がありませんでした。DAQ6510型はこの問題をステータス表示機能で解決しており、いずれかのチャンネルの測定がリミットを外れていないか、または測定がオーバーレンジになっていないかなどを一目で確認できます。テストが完了するのを待ってから問題を発見するのではなく、実行中に問題を修正できるため、試験時間の損失を最小限に抑えることができます。グラフ機能を内蔵しているため、20チャンネルから最大20項目を一つの画面でプロットし、ピンチ&ズーム操作で詳細に観測し、カーソルと統計機能でさらに詳細に解析します。セットアップ、実行、監視、解析のすべてがPCを使わず計測器で行えます。

膨大な数のデバイスをテストすることも可能です。DAQ6510型を7700シリーズ・プラグイン・スイッチ・モジュールと組み合わせることで、1つのシステムで最大80のデバイスをテストすることができます。DAQ6510型では、マルチプレクサ、熱電対による温度測定のための冷接点補正付のマルチプレクサ、マトリクス・スイッチ・モジュール、制御モジュール、デジタルI/Oモジュール、GHzスイッチ・モジュールなど、12種類のプラグイン・スイッチ・モジュールが用意されています。DAQ6510型はほとんどすべてのタイプのマルチチャンネル・テスト・システムを構築できる、優れた柔軟性を持っています。

DAQ6510型はDMM6500型と同じインタフェース、同じテスト・スクリプト処理機能を備えているため、エンジニアは最適なインタフェースを選び、計測器による測定と表示をカスタマイズできます。PCの使用に慣れているエンジニアは、コードフリーの制御ソフトウェアKickStart 2.0を使用することで、自動試験が大幅に簡素化できます。DMM制御アプリケーション、データ・ロガー/データ収集システム・アプリケーションの両方が利用できます。

テクトロニクスについて
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

テクトロニクスの最新情報はこちらから
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (http://www.facebook.com/tektronix.jp
)
YouTube(http://www.youtube.com/user/TektronixJapan


お客さまからのお問合せ先
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tek.com

Tektronix、テクトロニクスは、Tektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース