武道館新設竣工式典を挙行 課外活動時の環境の充実をはかり、人材輩出につなげる

プレスリリース発表元企業:学校法人近畿大学
新武道館

近畿大学工業高等専門学校(三重県名張市)は、平成30年(2018年)3月29日(木)に、武道館新設竣工式典を挙行します。

【本件のポイント】
●武道館を新設し、課外活動の環境を充実させる
●竣工式後、柔道部学生による演武「投げの型」を実演
●学生は、充実した施設環境のもと高い技術を身につけ、地域や全国に社会貢献する

【本件の概要】
近畿大学工業高等専門学校は、近畿大学の建学の精神である「実学教育」と「人格の陶冶」のもと、「社会に貢献するための広い視野、専門分野の知識、工学的素養を有する創造力あふれる実践的技術者の育成」に努めており、体育系クラブ、文化系クラブ、高専特有の技術系クラブなどの活動やボランティア活動などに打ち込みながら勉学に励むことができる環境を学生に提供しています。
本校は、平成23年(2011年)4月に熊野市から名張市に移転後、学生数の増加に伴い、施設環境充実のために授業教室や実習棟を増設してまいりました。体育の授業やクラブ活動において、体育館だけでは実技を行う場所が不足するようになったことから、武道館を新設。新しい武道館は、体育の授業の他、柔道、剣道、空手道部等のクラブ活動に使用され、学生の更なるキャンパス生活の充実を図ります。

■日 時:平成30年(2018年)3月29日(木)11:00~12:00
■場 所:近畿大学工業高等専門学校体育館横(三重県名張市春日丘7-1 近鉄大阪線
     「近鉄名張駅」からバス約8分「近大高専前」下車)
■参加者:名張市長 亀井利克氏
     近畿大学理事長 清水由洋、近畿大学理事・法人本部長 田中栄二
     近畿大学工業高等専門学校校長 村田圭治
     保教会会長、後援会会長、春日丘自治会長、学生代表 他
■面 積:建築面積:641.33m2 延床面積:604.83m2
■構 造:鉄骨造 地上1階

【付帯情報】
・新武道館
http://itm.news2u.net/items/output/159589/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告