2018-03-21 11:00:00

三菱自動車、『アウトランダーPHEV』『i-MiEV(アイ・ミーブ)』49台をコスタリカ政府向けに納車

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Motors

TOKYO, Mar 21, 2018 - ( JCN Newswire ) - 三菱自動車は、現地時間20日に『アウトランダーPHEV』20台と『i-MiEV(アイ・ミーブ)』29台が日本政府からコスタリカ政府に納入され、同国首都のサンホセにある大統領官邸で記念式典が開催されたことを発表しました。

今回の車両供給は、日本政府とコスタリカ政府間での次世代自動車の供給に関するODA(政府開発援助)供与合意に基づくものです。この車両供給は、コスタリカ政府の環境の持続可能性の促進並びに低炭素社会の実現に向けた取り組みの一助となります。

コスタリカはクリーンエネルギーの使用、及びカーボン・ニュートラルを国家的課題として掲げており、2030年までに温室効果ガスの排出量を2012年比で25%低減することを表明しています。また、今後5年間に電気自動車を10万台導入する計画やEV用の充電インフラの大規模な拡充を検討しています。

納入された車両は、15の政府機関や大学でコスタリカ政府の環境対応モビリティの取り組みに使用されます。コスタリカ経済・社会の開発支援に加え、次世代自動車の認知度向上と継続的な需要創出、さらに日本の優れた環境技術の普及促進が期待されています。

今回の車両納入について三菱自動車の益子修CEOは「コスタリカにおける自動車の環境対応技術の普及に貢献できることを非常に嬉しく思っています。今回の車両供給が、コスタリカの環境負荷の低減に少しでも寄与するのであれば幸いです」と述べました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5183.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース