2018-03-20 14:00:00

トヨタ自動車、事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」をオープン

プレスリリース発表元企業:Toyota Motor Co Ltd

Toyota City, Japan, Mar 20, 2018 - ( JCN Newswire ) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、従来からダイバーシティの推進を重要な経営戦略の一つとして位置付け、多様な能力や価値観を持つ人材が活躍し、一人ひとりが力を最大限発揮できるような職場環境整備・風土づくりに取り組んできました。

これらの取り組みの一環として、育児に対する従業員の不安・負担を軽減し、安心して仕事に取り組める環境を整備するため、トヨタは事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」を4月2日(月)にオープンします。

ぶぅぶフォレストの特徴
世の中のダイバーシティに対する理解が進む中、トヨタ社内においても働き方の多様化が進み、仕事と育児の両立支援を必要とする従業員が増えてきました。現在、トヨタ社内の3つの託児施設の定員を全て足し合わせると、約140名の乳幼児が受け入れ可能ですが、今回オープンする「ぶぅぶフォレスト」の約320名を加えることで、定員を大幅に向上させ、4つの託児施設の合計で約460名の受け入れが可能となります。

さらに、工場での交替勤務者や、病院の夜勤を伴う看護師など、多様な保育を必要とする従業員の両立支援として、早朝・宿泊保育を導入します。本社地域の全工場からのバスによる幼児送迎を新たに導入し、交替勤務者の送迎の負担軽減に加え、集団での幼児保育を可能としました。

また、トヨタの事業所内託児施設の特徴として、年度途中でも入所ができるため、早期復職を希望する社員、キャリア入社、海外からの帰任者など、多様な人材の活躍を支えることを可能としています。

同じ敷地内のトヨタ記念病院と連携することで、子どもの病気の際にも、安心して預けられる病児保育(トヨタ記念病院病児保育施設 ぴーぽらんど)を新設しました。専門の資格を保有する保育士と看護師が子どもの体調に合わせて対応します。この病児保育は社内の利用対象者だけではなく、豊田市在住の地域住民の方も利用可能とすることで、地域と一体になり、仕事と育児の両立を支援して参ります。

開所式について
本施設のオープンに先立ちトヨタは、3月20日(火)14:00より、「ぶぅぶフォレスト」の開所式を現地にて実施しました。

開所式には、地元の平和町自治区関係者のほか、トヨタの上田専務役員らが出席しました。上田専務役員は開所式の中で、「製造業・自動車産業独自の働き方に対応するため、早朝保育や宿泊保育にも柔軟に対応できる事業所内託児施設の拡大を通じて、従業員の仕事と育児の両立支援を図るとともに、働き方改革をサポートしていきたい」と両立支援・働き方改革に対する思いを語りました。

トヨタは、多様な価値観・視点により生まれる新たな発想や課題の発見を、更なる競争力強化へ繋げ、「いいクルマづくり」を進めるとともに、より多くの人材にとって魅力的な組織であることを目指して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/21643316.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース