第38回アラブ・ラボ2018にJAPAN パビリオンとして出展 ~ 中東・北アフリカへ Made in Japanブランドを発信 ~

プレスリリース発表元企業:一般社団法人日本分析機器工業会

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:栗原 権右衛門/日本電子株式会社 代表取締役社長)は、アラブ地域最大のテクノロジー関連のイベント「アラブ・ラボ 2018」(2018年3月18日~21日、アラブ首長国連邦 ドバイ)において、JAPAN パビリオンを企画し出展いたします。


アラブ・ラボは、毎年ドバイで開催される分析機器、検査計測機器をはじめ医療機器、ラボ用設備、ロボティックオートメーション、ソフトウェア、化学薬品など、広範な産業分野向けのグローバルイベントです。来場者数は10,000名以上、出展企業数は756社(2016年実績)と、この地域では最大の商業展です。

一般社団法人日本分析機器工業会は、この商業展を数年に亘り調査し、効果的な参加方法としてJAPAN パビリオンを企画し、本年の初出展を実現いたしました。
アラブ首長国連邦はじめ中東及び北アフリカへMade in Japanのブランド力を発信し参加企業各社と日本分析機器工業会のプレゼンスを高め、今後のビジネス発展の契機とすることが目的です。会期前日には現地JETROにご協力頂き、参加企業へ中東・北アフリカ市場に関するブリーフィングを行います。


【アラブ・ラボ(ARABLAB)開催概要】
開催期間 :2018年3月18日(日)~21日(水)
開催場所 :Dubai International Exhibition Centre
ドバイ ワールドトレードセンター
JAPANパビリオン展示位置:HALL S1 964
JAPANパビリオン参加企業:日本エアーテック株式会社、エスペック株式会社、
東亜ディーケーケー株式会社、日本電子株式会社、
日本分光株式会社、株式会社リガク、
一般社団法人日本分析機器工業会

その他、第38回アラブ・ラボ in Dubai 2018の詳細は以下のURLにてご確認下さい。
https://www.arablab.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告