Pittcon 2018においてJAIMAシンポジウムを開催 ~ バイオ医薬・バイオ治療薬向けの最新分析ソリューションを紹介 ~

プレスリリース発表元企業:一般社団法人日本分析機器工業会

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:栗原 権右衛門/日本電子株式会社 代表取締役社長)は、世界最大級の研究室・実験室設備機器関連の展示会「Pittcon 2018」(2018年2月26日~3月1日、米国フロリダ州オーランド)において、JAIMAシンポジウムを開催します。


本シンポジウムでは、「Analytical Solutions for Biopharma & Biotherapeutics」をテーマに、バイオ医薬・バイオ治療薬を対象とした創薬向けの最新の分析ソリュ―ションを紹介します。昨年のPittcon 2017の同シンポジウムで好評であったテーマを継続した第2回目のシンポジウムとして開催します。シンポジウム終了後には、今年も講演者を交えたネットワーキングレセプションも開催します。

JAIMAは、本シンポジウムを通じて世界各国からPittcon 2018へ参加するCRO・CMO・製薬企業などに対して日本国内外のバイオ医薬品およびバイオ治療薬に関連する最新の分析ソリューションについて情報発信を行うとともに、展示会においてはJAIMAブースを出展します。今後さらに海外への事業展開を通じ国内分析産業の活性化を図っていきます。


【Pittcon 2018について】
「Pittcon(The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy)」は、90を超える国々から企業・教育機関・政府機関などから18,000人以上が参加する世界最大級の研究室・実験室設備機器関連のコンファレンス・展示会です。

期間 : 2018年2月26日~3月1日(展示会は2月27日 28日 3月1日の3日間)
会場 : Orange County Convention Center West Building Orlando, Florida, USA
WEBサイト: https://pittcon.org/


【Pittcon 2018 JAIMAシンポジウム開催概要】
1.名称
PITTCON 2018 JAIMA SYMPOSIUM - Analytical Solutions for Biopharma & Biotherapeutics -

2.日時
2018年2月28日(水) 8:30~16:40

3.会場
Orange County Convention Center, Orlando, FL

4.講演
< Analytical Solutions for Biopharma & Biotherapeutics (I) >
- Recent Analytical Solutions for Bio-pharmaceutical Practice
Kouhei Tsumoto (The University of Tokyo)

- Exploring New Biopharmaceutical Applications using Inorganic Mass Spectrometry
Amir Liba (Agilent Technologies)

- Evaluation of Properties of Biological Samples and Protein Solutions
Takashi Matsuki (Kyoto Electronics Manufacturing)

- High-throughput and robust method of analysis of a variety of immunoglobulin G
Atis Chakrabarti (Tosoh Bioscience LLC)

- Scoping the current limits and opportunities for intact protein quantitation
Kevin A. Schug (Univ. of Texas at Arlington)

< Analytical Solutions for Biopharma & Biotherapeutics (II)>
- Therapeutic protein product quality assurance depends on measuring nano-and microparticle levels
John Carpenter (Univ. of Colorado)

- The novel analytical method for living cells by magnetophoretic analysis and nano measure
Makoto Kawano, Sayaka Mori (Yamanto Sciemce)

- Drop Coat Deposition Confocal Raman (DCDCR) Spectroscopy
Ravi Kalyanaraman (Bristol-Myers Squibb)

- Article cell-membrane microsystems for highly sensitive analysis of membrane proteins
Rikiya Watanabe (The Univ. of Tokyo)

- Multiplying success of biotherapeutic process development and bioanalysis
Gurmil Gendeh (Shimadzu Scientific Instruments)

5.ネットワーキングレセプション
日時:2018年2月28日(水) 17:00~18:30
会場:Winter Parks 54 Room, Hyatt Regency Orlando


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース