TENOHAが初の海外進出。「TENOHA MILANO」開業!東京の洗練された“和”とイタリアの文化が溶け合う複合施設

プレスリリース発表元企業:株式会社ボネリート

~2018年4月イタリア・ミラノのナヴィリオ地区にオープン~

“新たな働き方”と“新たな暮らし方”を創造する複合施設TENOHA DAIKANYAMA(東京都渋谷区代官山町)の海外初店舗となる「TENOHA MILANO」が2018年4月にイタリア・ミラノのナヴィリオ地区にオープンします。
代官山とミラノの連携により、新しいライフスタイルの提案をグローバルに展開します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-992569-0.jpg ]



◆TENOHA MILANOとは
TENOHA DAIKANYAMAの海外初店舗となるTENOHA MILANOは、ライフスタイルショップ、カフェ&レストラン、シェアオフィス、イベントスペース、ポップアップスペースから成る複合施設です。約2,500m2 の広大な敷地では、東京で私たちが今のライフスタイルに取り込んでいるリアルタイムの「和」と現地の文化が溶け合います。日本の洗練された文化を通じて、「上質」や「愉しみ」を共有できる場所であること。同時に人種・国籍などに関係なく、フラットでオープンな視点から自分の好きなものを選択し、豊かなライフスタイルを探求している人々が、常に発見を求めて足を運ぶ場所であること。TENOHA MILANOは、時間帯、目的、シーンを問わず、訪れた人同士のつながりが深まるコミュニティとしての役割を果たしていきます。
TENOHAはものを創りだす手と手が、重なり合う葉のように広がり、新しい時代に向けて育っていく一本の木のように、従来の価値観にとらわれず、新しい働き方や生き方を通して、生活をより豊かなものにしていける場でありたいというコンセプトのもとに生まれました。足りないものを創りだし、個人の発想がますます大きな木へと成長し、その木に魅せられたより多くの人が集まり、人とのつながりが生まれる場所でありたいという願いを込めて、2014年に代官山の地に誕生したコミュニティスペースです。TENOHA MILANOは、多彩なライフスタイルにフィットする5つのパートから成ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-863377-1.jpg ]



1. & | SHOP (LIFESTYLE SHOP)

[画像3: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-765976-2.jpg ]

日本の洗練された美、伝統文化、職人技の高さをモダンに表現したライフスタイルグッズを集めたセレクトショップ。ファッションをはじめテーブルウェアから食品まで、ひとつひとつのアイテムに作り手のこだわりや思いが込められ、手に取る人にストーリーが伝わるグッズが並びます。


2. & | TASTE (CAFE & RESTAURANT)

[画像4: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-358827-3.jpg ]

中庭に面したカフェ&レストランでは、神宮前のリストランテ・ダ・フィオーレ眞中秀幸シェフが、季節を感じながら日本の伝統的なおもてなしの心が伝わるメニューを構成。イタリア文化の象徴でもあるアペリティーヴォにマッチする肉や野菜、和風アランチーニ(ライスコロッケ)など串をメインに、だし巻き卵や厚揚げなど和のおつまみ、定番のプロシュートやモッツァレラも提供します。コーヒーは1855年創業のローマの老舗bondolfi boncaffē とのコラボレーションで上質なカフェタイムを約束します。

3. & | WORK (SHARE OFFICE & COWORKING SPACE)

[画像5: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-648886-4.jpg ]

イタリアのFANTINの家具をはじめ、こだわりのオフィスファニチャーで構成された空間に、高速インターネット、ロッカー、コピー機などオフィス機能に必要な環境を完備。24時間営業(予定)で、ユーザーフレンドリーな価格設定、日本式のおもてなしに習熟したスタッフによるサポートが受けられます。また、TENOHA DAIKANYAMAにあるシェアオフィスTENOHA&STYLE LABとの相互利用優待や、会員同士の交流が生まれる仕組みも予定しています。

4. & | DISCOVER (EVENT SPACE)
敷地の奥にあるイベントスペースでは、春にはお花見、冬にはミュージカルなど季節ごとにイベントを開催。サローネ(家具見本市)、ウニカ(テキスタイル見本市)、ファッションウィーク、ホーミ(旧マチェフ、ギフト・インテリア見本市)、トゥットフード(食品市)など、ミラノで行われるイベントと連動した展示やインスタレーションも予定しています。

5. & | KNOW (POP-UP SPACE)
ヴィジェーヴァノ通りに面したスペースは、週単位で多彩なポップアップショップに。日本の職人による手工芸の実演など、道ゆく人々がふと足を止めて寄り道をしたくなる場所です。

◆感度の高い人々が集まるナヴィリオ地区
TENOHA MILANOが位置するのは、ミラノ中心部ドゥオモから車で10分ほどの距離にあるナヴィリオ地区ヴィジェーヴァノ通りで、ポルタ・ジェノヴァ駅から3分と好アクセスです。ナヴィリオ地区の歴史は古く、レオナルド・ダ・ヴィンチ設計の運河を利用した運送業で栄えた地区で、現在もその名残を感じさせる倉庫が建ち並びます。運河沿いにはファッションやインテリアなどのセレクトショップ、カフェやレストランが立ち並び、近年は若いアーティストやデザイナーなど、地元の感度の高い人々が集まるエリアです。
[画像6: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-298508-5.jpg ]

<運河沿いに石造の街並みが残るナヴィリオ>    

[画像7: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-937121-6.jpg ]

<若者で賑わうナヴィリオ>

◆PARK ASSOCIATI

[画像8: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-717150-7.jpg ]

内装を手掛けるのはミラノを拠点とする建築デザインオフィスPARK ASSOCIATI。2000年に建築家のFilippo Pagliani(写真左)とMichele Rossi(写真右)によって設立され、絶えず移りゆく時代の変遷やその土地の固有性を、都市開発からプロダクトデザインにまで取り入れた独自のアプローチで知られます。代表的な作品として、ファッションブランドBrioniのショップ、ポップアップレストラン”The Cube by Electrolux”や”The Priceless Milano”、ネスレ社社屋プロジェクト、ミラノのファロビジネスセンターなどがあり、近年は20世紀の歴史的な遺産の再生プロジェクトにも力を入れています。

◆TENOHAが創る価値

[画像9: https://prtimes.jp/i/26574/15/resize/d26574-15-335251-8.jpg ]

TENOHA MILANOのメインテーマは「&DISCOVER」です。
EVENT SPACEにも使用しているこの言葉には、皆様とあらゆる可能性を追求したいという想いが込められています。
第一弾として、2018年ミラノサローネ期間中TENOHA MILANO & SHOP内に展示スペースを設け、より多くの日本のプロダクトメーカーの方々に、世界へ自社の作品をアピールして頂ける取り組みを行います。
我々の強みは、一時的な催事や見本市で終わりではなく、TOKYOとMILANOで継続して情報発信や実際の営業活動を行える複合施設を持つことです。
ビジネスが生まれ育まれるTOKYOとEUROPEを繋ぐプラットフォームの役割を担って参ります。日本からイタリアへ、イタリアから日本へ「モノ」や「コト」が行き交い、より大きなシナジーが生まれるTENOHAにご期待ください。

◆店舗基本情報
店名:TENOHA MILANO
場所:Via Vigevano 18, 20144 Milano
URL:http://www.tenoha.it/


◆事業主(企画・開発・運営)
TENOHA MILANOはSAYU MILANO S.R.Lが運営。

◆日本国内窓口(事業サポート・PRサポート)
TENOHA代官山の運営、及び、bondolfi boncaffē の企画・開発・運営を行なう株式会社ボネリートが担当。


==============本件に関するお問い合わせ先=============
TENOHA代官山  担当:守屋
TEL:03-6452-5074 Email:moriya@bonelite.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース