世界のトッププレーヤーが集まる国内最高峰の国際女子テニス大会「東レ パン パシフィック オープンテニス2018」東京都・立川市にて開催決定!

プレスリリース発表元企業:東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会
アリーナ立川立飛(外観)

アリーナ立川立飛(内観)

東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会(トーナメントディレクター:中川 裕、所在地:東京都港区)は、今年で第35回目を迎える国内最大の国際女子テニストーナメント「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018」 (略称: 東レ パン パシフィック オープンテニス)を、東京都立川市のアリーナ立川立飛にて2018年9月15日(土)~23日(日)の日程で開催することを決定いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/147284/LL_img_147284_1.jpg
アリーナ立川立飛(外観)

「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント」は、1984年にスタートして以来、時代を象徴する世界の女子テニスのスーパースター達が熱戦を繰り広げる大会として、日本のテニスファンを魅了してきました。第25回の2008年度大会より有明コロシアムおよび有明テニスの森を会場に開催してまいりましたが、その改装工事に伴い、次回は会場をアリーナ立川立飛に移し開催いたします。

アリーナ立川立飛は、2017年10月にオープンした、立川市では本格的なアリーナ施設となっています。今回の会場使用に伴い、アリーナ内には、ハードサーフェスのテニスコート設置を予定しています。そのほか、大会期間中には、来場者および、近隣の皆様にお楽しみいただけるさまざまなイベントの開催も予定しております。新たな会場で繰り広げられる熱戦にご期待ください。

(内観)
https://www.atpress.ne.jp/releases/147284/img_147284_2.jpg


【アリーナ立川立飛 概要】
所在地 :東京都立川市泉町500番4(多摩モノレール 立飛駅前)
敷地面積:8368.13平方メートル
構造 :S造(鉄骨造)地上2階建
延床面積:5988.56平方メートル
仕様 :公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ
B2ライセンスの試合開催基準を充足する仕様を主たる仕様として設計
収容人数:3,275人(東レPPO開催時には、2,700席)

【大会概要】
■大会名称
東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント
TORAY PAN PACIFIC OPEN TENNIS TOURNAMENT

■略称
東レ パン パシフィック オープンテニス
TORAY PAN PACIFIC OPEN TENNIS

■会期
<本戦> 2018年9月17日(月・祝)~23日(日)
<予選> 2018年9月15日(土)~16日(日)

■会場
アリーナ立川立飛(〒190-0015 東京都立川市泉町500番4)

■競技内容
<本戦> シングルス28ドロー/ダブルス16ドロー
<予選> シングルス24ドロー

■賞金総額
US$ 800,000(予定)

■サーフェス
ハードコート(インドア)

■主催
東レ パン パシフィック オープンテニス実行委員会

■特別協賛
東レ株式会社

■スペシャルパートナー
株式会社立飛ホールディングス

■特別後援
公益財団法人日本テニス協会

■公認
Women's Tennis Association(WTA)
International Tennis Federation(ITF)


【大会に関するお問い合せ先】
東レ パン パシフィック オープンテニス 事務局
TEL : 03-3433-6780(平日10時~17時)
E-mail: info@toray-ppo.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク