NIPPON Tablet、早稲田商店会とQRコード決済サービスを活用した商店街の利便性向上や活性化を目的とした日本初のスマート商店街の実証実験を開始

プレスリリース発表元企業:NIPPON Tablet株式会社

NIPPON Tablet株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:武田 知之、以下「NIPPON Tablet」)は、自社の保有するタブレット端末やQRコード決済サービスを活用し、今後ますます増加する訪日外国人観光客や在日外国人だけではなく、日本人観光客や住民に対するサービス向上と産業振興、および地域活性化に向けて、早稲田商店会と2018年1月よりスマート商店街の実証実験を開始致します。日本初の決済イベントの試みや実証実験など地方創生に貢献してまいります。


■NIPPON Tablet株式会社について
NIPPON Tabletは店舗を持つ法人または個人を中心に、「防犯、防災、おもてなし」をコンセプトに3つの「あったら安心・便利」を提供します。NIPPON Tabletが提供するサービスのベースとして、専用のタブレットを提供し、そのタブレット内で各種防犯に関するサービス、防災に関するサービス、おもてなしに関するサービス(決済サービスが含まれます。)を提供します。今後この3つのコンセプトに関するサービスを充実させ、店舗向けの「あったら安心」、「便利」を向上させて参ります。

<NIPPON Tabletの展開するサービス>
〇防犯
・防犯カメラ機能(2018年4月開始予定)
〇防災
・防災情報提供機能(2018年2月開始予定)
・避難情報提供機能(2018年準備中)
〇おもてなし
・通訳機能
― 7か国語通訳機能
・決済機能
― 訪日中国人向けモバイル決済機能
― 日本人向けモバイル決済機能(2018年春開始予定)
― クレジットカード決済機能(2018年2月開始予定)
・集客、売上施策機能
― 会員カード機能など


【NIPPON Tablet株式会社概要】
本社 : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-7F
ホームページ: https://nippon-tablet.com/
代表 : 代表取締役社長 武田 知之
設立 : 2016年11月
資本金 : 14,000,000円
顧問他 : 高木 純(創業者)
PLR(*1)技術顧問 橋田 浩一
(東京大学大学院 情報理工学系研究科
ソーシャルICT研究センター教授)
(*1) 自律分散型の集めないビックデータを実現するための技術。
PDS(Personal Data Store)の一種で、
個人生活録(PLR:Personal Life Repository)の事。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース