2017-12-21 14:00:00

トヨタ、用品・特装事業の新会社を設立

プレスリリース発表元企業:Toyota Motor Co Ltd

Toyota City, Japan, Dec 21, 2017 - ( JCN Newswire ) - トヨタ自動車株式会社(社長: 豊田章男 以下、トヨタ)は、子会社のトヨタテクノクラフト株式会社(社長: 稲垣和也 以下、テクノクラフト)、株式会社ジェータックス(社長: 酒井敬士 以下、ジェータックス)、株式会社トヨタモデリスタインターナショナル(社長: 猪澤豊 以下、モデリスタ)を2018年4月1日に統合し、新会社を設立することを決定しました。

トヨタは、お客様ニーズが多様化し、車両だけではなくカスタマイズ領域も含めたクルマづくりが今後更に求められる中、そのニーズにお応えできるサービスの提供が重要であると判断しました。

当該3社は、共通性のある事業を有しており、これまでも協力してトヨタとの事業展開を図ってきましたが、グローバルな競争が益々激化している中、トヨタグループの用品・特装事業の中核会社として、企画・開発・生産・販売等、全ての分野で競争力を高め、魅力ある商品の提供を通じてグローバルで事業拡大していくことが求められています。

今回の統合は、3社のノウハウを結集し、経営資源を総合的、効率的に活用することで、用品・特装事業の機動性を活かした商品バリエーション展開でお客様のニーズに応えるとともに、トヨタのモータースポーツ活動を支える開発支援体制を強化していくことで、トヨタが目指す「もっといいクルマづくり」にも寄与できるものと考えます。

具体的には、

1. 多様化するお客様ニーズに対応した、用品・特装分野でのさらなる商品開発力、コスト競争力の強化

2. グローバルでの用品・特装事業の拡充、強化

3. モータースポーツ支援体制の強化と魅力的なパーツの提供

4. 企画・開発・生産・販売・管理などあらゆる部門での効率化

などに取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/20396513.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース