大阪工業大学の「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」が文部科学省の私立大学研究ブランディング事業に採択

プレスリリース発表元企業:大阪工業大学



大阪工業大学(大阪市旭区)の「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」がこのほど、文部科学省の「平成29年度 私立大学研究ブランディング事業(タイプA【社会展開型】)」に採択された。今後も「ものづくり大阪を支える」という大学ブランドづくりを推進する。




 OIT-Pは同大の特色ある研究分野の「ナノ材料」「ロボティクス&デザイン」「知的財産」の力を結集し、地域企業のIoT知的機器開発やそれを活用したサービスの社会展開をサポートするプラットフォーム。大阪産業技術研究所や大阪商工会議所と連携して、地域企業とのネットワークを構築し、特に「環境・健康モニタリング機器」「次世代家電システム」「生活支援ロボット」などを中心課題として活動している。

 文部科学省の 私立大学研究ブランディング事業は、全学的な看板となる研究を推進し、大学の独自色や魅力を発信する取り組みを支援するもの。タイプAは、地域の経済・社会、雇用、文化の発展や特定の分野の発展・深化に寄与する取り組みで、今年度は全国123の私立大学・短期大学が申請し、33件が採択された。事業期間は5年(平成29年度~33年度)。

・地域産業支援プラットフォーム
http://www.oit.ac.jp/oitp/

・文部科学省の関連HP
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002/002/1397956.htm





▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
松下、上田
住所:大阪市旭区大宮5-16-1
TEL:06-6167-6208
FAX:06-6954-5108


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース