2017-10-18 10:00:00

広域消防運用開始に伴い三浦市内に「よこすか・みうらAEDステーション」が誕生~「よこすか・みうらAEDステーション」標章交付式を実施します。

プレスリリース発表元企業:横須賀市
横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

横須賀市消防局では、市民の安全・安心を確保することを目的として、平成21年度から市内のAED設置施設の中で、応急救護体制が整備されている施設に対し「よこすかAEDステーション」として標章を交付する制度を実施しております。このたび、消防広域化の効果となり、「よこすか・みうらAEDステーション」と改名し、三浦市内で初めて標章を交付します。

1 標章交付式概要
(1)とき平成29年10月20日(金曜日)10時30分~11時00分
(2)ところ三浦消防署4階

2 標章交付施設
交付式出席施設8施設(標章交付施設25施設)

3 「AEDステーション」標章交付制度について
以下の要件を満たした施設に標章を交付します。
(1)AEDが適切に維持・管理されており、常時動作可能な状態であること。
(2)AED設置施設の営業時間内等で、当該施設付近で応急手当を必要とする傷病者が発生した場合、AEDの提供および迅速な応急手当が実施できること。
(3)常時、2年以内に普通救命講習会等を受講した職員が勤務していること。

4 広域化後の効果
(1)三浦市消防本部として交付制度が定められておりませんでしたが、消防広域化に伴い、横須賀市消防局となり、新たに三浦市内で標章を交付することができます。
(2)消防局の管轄区域が広くなったことに対し、交付施設が新たに誕生することは、施設利用者が突然倒れた際、従業員をはじめ市民の方々が、迅速な救急車の手配や適切な応急手当を実施でき、救命効果の更なる向上に期待できます。

5 参考
横須賀市内AEDステーション標章交付施設266施設


▼お問い合わせ
消防局消防・救急課 担当:鈴木
横須賀市小川町11番地 消防局庁舎4階<郵便物:「〒238-8550 消防・救急課」で届きます>
電話番号:046-821-6473
内線:77423
ファクス:046-823-7106


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は、神奈川県・三浦半島の中央に位置し、東は東京湾、西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり、幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分、品川から約50分)、海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また、よこすか海軍カレー、ヨコスカネイビーバーガー、日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった、マリンレジャーなどにも力を入れています。人口400,909人(2017年10月現在)。
横須賀市の詳細については、http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

【付帯情報】
・横須賀市イメージキャラクター「スカリン」
http://itm.news2u.net/items/output/156701/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース