三菱UFJニコスにBSIグループジャパンがカード業界データセキュリティ基準「PCIDSS」認証を実施

プレスリリース発表元企業:BSIグループジャパン株式会社



- クラウド型マルチ決済システム『J-Mups』の
国際的なカード業界向けデータセキュリティ基準の遵守を証明 -
----------------------------------------------------------------------
 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、 PCIDSS(*1)(カード業界データセキュリティ基準)を、三菱UFJニコス株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 和田 哲哉、以下 三菱UFJニコス)に認証しました。

 三菱UFJニコスは、クレジットカード・銀聯カード・電子マネー等にも対応可能なクラウド型マルチ決済システム『J-Mups(Joint Multi Payment Processing System)』を開発し、多様化する加盟店のニーズに対応可能な決済サービスを提供しています。

 この『J-Mups』の開発において、三菱UFJニコスは国際標準のセキュリティ基準に準拠したことで、お客様や加盟店へ安心してご利用いただけるクレジットカード決済サービスを提供することが可能となりました。
 クレジットカード決済においては、カード会員情報の保護が重要な課題となっています。国際カードブランドが中心になりPCISSC(*2)が設立され、国際カードブランドに依存しない共通のデータセキュリティ基準を設定、業界としてカード会員情報の保護の仕組みが確立されました。

 今回、三菱UFJニコスが「J-Mupsセンター」において、PCISSCが発行した国際的なカード業界データセキュリティ基準に準拠し、第三者機関から審査を受け準拠の確認を受けることにより、加盟店に対して国際的なカード業界データセキュリティ基準に基づく安全なクレジットカード決済プラットフォームを提供していることを証明することができます。


*1 PCIDSS(カード業界データセキュリティ基準): 
カードの加盟店、サービスプロバイダ(カード業務に関する業務を代行するデータ処理業者)向けのセキュリティ基準。PCIDSSはカードビジネス関連業者向けのカード会員情報及び取引情報を保護するためのセキュリティ基準で、カード会員情報の保護及び取引情報保護を目的としています。

*2 PCISSC:
国際カードブランド5社(American Express, Discover, JCB, Master Card,VISA)が中心になり設立した独立機関、PCIDSSの維持・管理および審査機関(QSA)及び脆弱性スキャニングベンダー(ASV)の認定・管理を 主業務としています。

◆三菱UFJニコス株式会社 執行役員 高木 伸二様からのPCIDSS認証についてのコメント
 『J-Mups(ジェイマップス)』は、決済アプリケーションをサーバー側に集約することで、高い拡張性、決済端末の 低価格化、高セキュリティ化、クレジットカードの高速処理化を実現した、商用としてわが国初のクラウド型マルチ決済システムです。この『J-Mups』の集約サーバーである「J-Mups センター」にてPCIDSS準拠認定を受けられたことにより、『J-Mups』が高セキュリティの決済システムであることが証明されました。
 カード会員様や加盟店様に安心してクレジットカード決済をご利用いただけるとともに、加盟店様におけるPCIDSS準拠対応の助力となれるものと確信しています。


■BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、147カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などのISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。 
BSIグループジャパンは、1999年に設立された、BSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスの提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。 
 
URL:http://www.bsigroup.jp/


■ お客様からのお問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) マーケティング本部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:  Japan.Marketing@bsigroup.com

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース