日本初!認知機能をチェックできるWebサービス『脳測(のうそく)』開始 ~認知機能をパソコンで数値化し管理可能~

プレスリリース発表元企業:株式会社シグナルトーク

株式会社シグナルトーク(所在地:東京都大田区、代表取締役:栢 孝文)は、認知機能をチェック・管理できるWebサービス、『脳測(のうそく)』を、本日7月12日に開始します。
URL: http://nosoku.jp/?prs=20120712


■サービス開始の背景
日本の経済成長に貢献された方々の認知症が大きな社会問題となっています。弊社では「高齢者の方にゲームなどの楽しみを提供し、認知症の予防やリハビリに繋がるサービスが提供できれば、大きな社会貢献ができる。」このような想いから本プロジェクトをスタートしました。


■『脳測』の特長
『脳測』は、以下の特長があり、認知機能低下の早期発見を促すと共に、医療機関を早期に受診頂き、治療を行って頂くためのきっかけをご提供します。

1.“認知機能”をパソコンで簡単にチェックし、数値化できます。
2.“認知機能”の推移をオンラインで確認できます。
3.“認知機能”の測定について実効性が証明されたテストを使用しています。

また、認知機能障害の背景には「注意力」「エピソード記憶」「遂行機能」「ワーキングメモリ(作業記憶)」などの低下が原因としてあり、『脳測』では、それぞれに対応した4つのテストによる認知機能チェックができます。これらのテストは、MMSE(Mini-Mental State Examination=認知機能や記憶力を測定できる11の項目からなる医学検査)の結果との相関が見られたことが実証されています。学術的背景(エビデンス)は以下の通りです。

○論文1
Computerized Assessment Tool for Healthy Elderly Persons as a Predictor of Cognitive Function→「Jikeikai Medical Journal 57巻」に掲載

○論文2
Validity and reliability of a computerized cognitive assessment tool ‘Higher Brain Functional Balancer’ for healthy elderly people→「認知神経科学 Vol.12」に掲載


■テスト内容
・フラッシュライト(ワーキングメモリをチェック)点燈する順番を記憶して答えます。
・ルート99(遂行機能をチェック)ゴールまでの経路を正しく結びます。
・視覚探索(注意力をチェック)数字や文字の順を早く結び付けます。
・ストーリー(エピソード記憶をチェック)物語を読み、質問に答えます。

上記の通り、『脳測』サービスは、一般に脳機能をトレーニングすると称して展開されているカジュアルなゲームとは、その目的も機能も一線を画するものです。

『脳測』は、株式会社創生 生体工学研究所代表(日本生体医工学会 BME on Dementia研究会会長、日本早期認知症学会理事長)の志村 孚城先生、国立成育医療研究センター・リハビリテーション科医長・発達評価センター長の橋本 圭司先生の知見や研究成果に基づく情報を適切に反映していくことを趣旨としており、さらに、諏訪東京理科大学の篠原 菊紀教授、レデックス認知研究所の五藤 博義所長のご協力を頂いております。

弊社ではゲームと脳機能に関連する科学的実験・効果検証・測定を繰り返し、認知症の早期発見につながるエンターテインメントの構築に真摯に取り組んでまいります。


■『脳測』
URL   : http://nosoku.jp/?prs=20120712
主な対象: 50歳以上の男女
無料期間: 2012年7月12日開始(~2012年8月14日まで)

■株式会社シグナルトーク 概要
URL  : http://www.signaltalk.com/?prs=20120712
代表者: 代表取締役 栢 孝文
所在地: 東京都大田区蒲田 5-8-7 蒲田K-1ビル8F


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース