2017-09-22 08:00:00

暁星 グループ、ベトナムを成長基地として積極的に育成

プレスリリース発表元企業:Hyosung
暁星 グループ、ベトナムを成長基地として積極的に育成



(韓国ソウル)- (ビジネスワイヤ) -- 暁星グループ(会長:趙顯俊)(KRX:004800)は2007年からベトナム・ドンナイ省のニョンチャック工業団地に約10億ドルを投資してきた。暁星ベトナム法人の敷地に工場を建て、次第に規模を広げていった。ここでの主力生産品目は、ジーンズなどに使われるスパンデックスやタイヤ補強材の一種であるタイヤコードなどである。

暁星グループは主力製品の複合生産基地としてベトナム工場の生産能力を最大化する戦略を立て、これを段階的に実行して一貫生産体制を整え、生産の効率化に力を注いだ。その結果、2009年から黒字を維持しており、2014年からは売上1兆ウォンを突破し、ベトナムの輸出全体の1%以上を占めるまでに成長した。

また、 暁星グループの趙顯俊会長は昨年11月、ベトナム首相に会って発電や建設など現地インフラ事業への進出と 新規投資事業について話し合い、ベトナムの高い経済成長に合わせてアパート、発電所、廃棄物処理施設、石油化学、ATM、電子決済などの様々な分野に進出する計画を明らかにした。

暁星趙顯俊会長は「暁星ならではのグローバル競争力をもとに、ベトナムの様々なインフラ分野でも事業を積極的に拡大していく」と強調してきた。





businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20170921005386/ja/

連絡先
Hyosung
CHANG-SEOK, HAN, +82-2-707-7338
hanni@hyosung.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース