平成29年度キッチン空間アイデアコンテスト作品応募要項を発表 10月31日まで応募受付中!

プレスリリース発表元企業:公益社団法人インテリア産業協会

公益社団法人インテリア産業協会(所在地:東京都新宿区、会長:渋谷 忠彦)は、平成29年度キッチン空間アイデアコンテスト作品の応募要項を発表しました。
キッチン空間は、調理、食事、食育、団らん、憩いの場として、暮らしの豊かさを実感できる中心的な空間になっています。キッチンへの一般生活者の興味・関心が高まることや使いやすい快適なキッチン空間が普及することを目指して、A:団らん・優しいキッチン空間、B:暮らしが変わったキッチンリフォーム空間の2テーマについてキッチン空間に関するアイデアを込めた作品を募集します。


(1)応募テーマ
A:団らん・優しいキッチン空間
B:暮らしが変わったキッチンリフォーム空間
(Bは実際に施工したものです。リフォーム前と後の写真と平面図が必要となります。)

(2)応募資格
日本国内に在住もしくは拠点を持ち、日本語での各種連絡に支障がない方であれば、どなたでも応募できます。
・個人や個人の集まりのグループであること。したがって、企業、団体、学校等の組織としての応募はできません。
・年齢・性別・実務経験を問いません。
・キッチンスペシャリスト資格の有無を問いません。
・個人やグループの方が所属する企業、団体などが当協会の会員である必要はありません。

(3)応募期間(作品受付期間)
平成29年9月1日(金)~平成29年10月31日(火)必着

(4)審査結果発表
平成29年11月末に入賞者にお知らせします。入賞作品は、協会ホームページ等に掲載する予定です。

(5)賞の種類と副賞(予定)
協会会長賞:各テーマ部門、全作品の中で、最も優秀な作品 1作品(副賞 20万円)
部門賞:各テーマ部門において最も優れている作品に与えるもの2作品(副賞 10万円)
Aテーマ部門 1作品 Bテーマ部門 1作品
優秀賞:各テーマ部門において優れている作品に与えるもの 6作品(各点副賞 5万円)
Aテーマ部門 4作品 Bテーマ部門 2作品
奨励賞:各テーマ部門において奨励することがふさわしい作品に与えるもの 15点(各点副賞 1万円)
Aテーマ部門 10作品 Bテーマ部門5作品

なお、上記の各賞において、審査の結果、該当作品が少ない場合は賞の作品数を減ずる場合があります。

(6)審査委員
審査委員長
上野 義雪(上野研究室 主宰)

審査委員
小林 孝司(キッチン・バス工業会 技術委員会 委員長 兼 キッチン・洗面技術専門委員会 委員長)
西田 恭子(三井のリフォーム住生活研究所 所長)
渋谷 忠彦(公益社団法人インテリア産業協会 会長)
中島 宏文(公益社団法人インテリア産業協会 KS資格普及啓発委員会 委員長)

(7)審査基準
各テーマを通して、次の4項目について評価します。

・テーマに即した提案性
Aテーマ(団らん・優しいキッチン空間):
例えば豊かなで優しい人間関係性の観点・環境に優しい観点から。
Bテーマ(暮らしが変わったキッチンリフォーム空間):
例えばリフォーム前と後でどれだけ暮らし方が変わる空間になったかの観点から。
・デザイン性
・機能性・快適性
・新規性

(8)応募方法
応募にあたって、協会ホームページ上より応募者情報を登録してください。
発行された『登録番号』を、以下の提出物(応募用紙)に記入の上、指定の状態で募集期間内に到着するように郵送してください。

・作品は、A3サイズの紙(厚めの紙、ケント紙等)、表面で表現してください。
・応募用紙は、必要事項を記入の上、作品の裏面右側に貼付してください
※本応募用紙と応募シート(A3)の裏面同士を重ね、本応募用紙を糊もしくはセロハンテープできちんと留めてください。
・作品は具体的なデザイン・イメージをイラストや模型の写真、(自分がプランニングに関わった)実例写真で表現してください。彩色したパース、スケッチ等の表現方法は自由とします。CAD・CGも可能です。
・作品の表面に次のことを必ず表記してください。
作品タイトル
応募テーマ(A、B)
作品コンセプト:
「伝えたい相手」を想定して、キッチン空間に関するアイデアを誰がどの様な時にどんなキッチンを使うのか、そしてどの様な暮らしになるか。その内容を150字以内にまとめてください。
・作品形態 A3用紙は、台紙に貼らず、折らず丸めず養生の上、提出してください。
・審査の都合上、氏名などは応募作品の表側に記載せず、応募用紙のみに記載してください。

(9)提出・お問い合わせ先
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 4F JDN内
平成29年度キッチン空間アイデアコンテスト事務局
kitchen_h29@japandesign.ne.jp

(10)留意事項
・他のコンクールなどに応募して過去に入選された作品は応募できません。(作品応募後に入選された場合を除く。)
・作品に貼付する商品写真、室内写真、図書図版等を使用する場合は、著作権者、所有者の承諾を得たものに限ります。
・応募作品の展示や刊行物に発表する権利は当協会が保有します。後日、当協会ホームページで公表します。
・応募作品は返却しません。
・応募にかかる費用は応募者の負担になります。
・提出されたメールアドレスや個人情報は、当協会及び当協会が選定した協力会社が適切に管理し、承諾なく第三者に提供しません。
・提出方法が守られていない場合は、応募は無効となります。提出先へ直接の作品持ち込みは受付致しません。
・作品の到着及び受付の確認に関する問い合わせはご遠慮下さい。
・審査結果については、入賞者のみにご連絡致します。

(11)協会WEBサイト
【URL】 http://www.interior.or.jp/contest/ks/index.html
過去の入選作品等も掲載しております。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース