グローバルインディアンインターナショナルスクール 最先端の設備を備えた、東京校第二キャンパスを東葛西にオープン

プレスリリース発表元企業:Global Indian International School

インターナショナルスクールの需要に対応

インターナショナルスクールを国際展開する「グローバルインディアンインターナショナルスクール(以下GIIS)」は、東京で2カ所目となるキャンパスを東京・東葛西にオープンしました。

インターナショナルスクールを国際展開する「グローバルインディアンインターナショナルスクール(以下GIIS)」は、東京で2カ所目となるキャンパスを東京・東葛西にオープンしました。同校の東葛西第二キャンパスでは、実験室やアクティビティルームなど、全フロアに最新技術を備えた各種設備を設け、全ての児童生徒が学習機会を最大限に生かし、勉学に集中できる理想的な環境を提供します。子どもたちに高い水準の国際教育を受けさせたいと希望する日本在住の外国人および日本人家族からの需要の高まりを受けての開設です。

GIIS東京校の第一キャンパスは、2006年、東京在住のインド人コミュニティの需要に応えるために生徒数50名弱で東京・西葛西に開校しました。現在ではインド国籍以外の生徒も増加し、幼稚園からグレード12(日本の高校3年に相当)までの日本人を含む17カ国、600名を超える幼児、児童生徒が学び、英語を第一言語とする総合教育を提供しています。GIISは日本でのさらなる展開を目指しており、GIIS東京校 西葛西第一キャンパスが定員に達したため、そこから約3キロ離れた場所に位置する東葛西に520名を収容できる第二キャンパスを開設しました。東葛西第二キャンパスでは、GIIS東京校に在籍するグレード4から12(日本の小学校4年から高校3年に相当)までの全児童生徒が学びます。

GIIS 日本地区顧問 田村 耕太郎氏のコメント:
「日本ではインターナショナルスクールの需要が高まっています。その需要に応えるべく、地域の皆さま、児童生徒のご家族の皆さま、そして教師および従業員の皆さまのご支援により、GIIS東京校の第二キャンパスを東京・東葛西にオープンすることができ大変嬉しく思います。高水準の国際教育を提供するために充実した設備を備えた新しいキャンパスで、日本人だけでなくさまざまな国籍の生徒が学ぶことになります」

GIIS インド・日本地区 カントリーディレクター、ラジーヴ・カティアル(Rajeev Katyal)のコメント:「東京ではインターナショナルコミュニティーが拡大し続けており、GIISでも2006年の開校以来、生徒数が増加しております。当校の生徒数は3年連続で倍増しており、日本人だけでなく世界中のほかの国からの生徒も増加していることを大変嬉しく思います」

GIIS東京校 東葛西第二キャンパスでは、情報技術、数学、科学、語学、美術、芸能、音楽、ラジオ、エアロビクス、ダンス、イノベーション、アントレプレナーシップ(企業家精神)を学ぶための最先端の設備を備えています。GIIS独自の9 GEMS™(http://www.globalindianschool.org/explore/9-gems)フレームワークを通じ、学問とスポーツ、芸能、アントレプレナーシップ、人格形成などバランスの取れた教育を行うホリスティックなアプローチを通じ若者をグローバルリーダーやイノベーターに育成するという、同校が掲げるミッションの実現に有効な漸進的なラーニングエコシステムを提供しています。

GIISでは、国際的に認知されている高水準カリキュラムである、インドの教育システムの中等教育中央委員会(CBSE)に加え、ケンブリッジIGCSEを導入しています。さらに2019年からは国際バカロレアディプロマプログラム(IBDP)の受験コースを導入します。国際的な資格や教育プログラムの提供により、今後、同校の卒業生は日本や海外の大学への進学資格を得ることができるようになります。

グローバルインディアンインターナショナルスクールについて
グローバルインディアンインターナショナルスクール(GIIS)は、シンガポール在住のインド人コミュニティを対象とし、高い水準の教育を提供することを目的として2002年に創設されました。設立から15年間で、シンガポール、マレーシア、日本、タイ、アラブ首長国連邦、ベトナム、ならびにインドに学校を開校し、現在7カ国、20キャンパスで15,000人の生徒が学びます。GIISは、数多なる受賞暦を誇る国際的に高い水準の教育を提供する教育機関です。

GIISは、幼稚園児からグレード12までを対象に、国際バカロレアディプロマプログラム(IBDP)、ケンブリッジIGCSE、インドの中等教育中央委員会(CBSE)、グローバルモンテッソーリプラスプログラムなど、国際的なカリキュラムからインドのカリキュラムまで幅広く提供しています。

GIISのミッションは、独自の9 GEMS™(http://www.globalindianschool.org/explore/9-gems)メソッドを通じて、学問とスポーツ、芸能、アントレプレナーシップ(企業家精神)、人格形成などバランスの取れた教育を実施し、ホリスティックなアプローチで若者をグローバルリーダーやイノベーターに育成することです。

GIISはグローバル・スクールズ・ファンデーション(GSF)のメンバーです。GSFでは高い水準のガバナンスと確立された教育基準に基づき一貫した優れた教育を国際的に提供することが高く評価され、過去14年間で70回以上の受賞歴を誇ります。

詳しくはhttp://www.globalindianschool.org/をご覧ください(英語のみ)。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース