「音楽表現力」に磨きをかけた小型高音質デジタルアンプ「Soundfort AS-100+」を発売

プレスリリース発表元企業:MJTS株式会社
AS-100+ 正面

AS-100+

AS-100+ 背面

MJTS株式会社(本社:神奈川県藤沢市)は「Soundfort」ブランドより、小型高音質デジタルアンプ「AS-100+」を2017年8月25日に発売いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135791/LL_img_135791_1.jpg
AS-100+ 正面


「AS-100+」は、デジタルアンプ(D級アンプ)の高効率/低発熱の特性を活かし、幅10cmにも満たない小型のデスクトップサイズながら18W+18Wの出力を持ち、「音楽表現力」に優れた、クリアで力強くリアリティある音を再現する高品質デジタルアンプです。

Soundfort製品の最大の特徴は、スペック上の数値には現れない「聴感上の音質」を徹底的に追求した回路・基板設計。経験豊富なベテランの日本人エンジニアが、試作と試聴を何度も繰り返しながら最適な回路パターンやパーツ構成を突き詰めることで、AS-100+においても、低価格ながらクラスを超える音質を実現しています。

AS-100+は、どんな場所にも設置できるシンプルな小型デジタルアンプで、気軽に心地よく音楽を楽しみ、生活をより豊かなものにするという、Soundfortの想いを凝縮した1台です。


●主な特徴
前々モデル「AS-100」及び前モデル「AS-100(2016モデル)」は、その基本設計と音質、コストパフォーマンスの高さから、ロングセラー機として大変ご好評をいただいておりました。
そしてこの「AS-100+」では、前モデルAS-100(2016モデル)にて大幅な音質向上を実現した新設計の基板・回路をさらに発展させ、音質に大きく影響する主要パーツをアップグレードした他、電源スイッチの電子化により操作性の向上も図っています。

デジタルアンプICには、ドライブ能力に優れたSTマイクロ社製「TDA7941HV」を引き続き採用し、アンプ出力段のローパスフィルター回路には、周波数・温度特性に優れたPPSフィルムコンデンサを、コイル(インダクタ)には、今回新たにサガミエレク社製のデジタルアンプ専用コイルを採用。
これにより、中高音域の粒立ちが向上し、特にヴォーカルや楽器などが一段とクリアで立体的になり、音楽表現のリアリティがより一層高まりました。

オーディオアンプの要とも言える電源部には、入力部にACアダプタのスイッチングノイズを遮断する、入出力双方向のノイズフィルタおよび保護回路を搭載し、中にも外にも不要なノイズを出さないクリーンな電源を確保。また、電源部のコンデンサーを大容量化したことで、低音域の力強さや量感に余裕ができ、前モデルを超えるダイナミックなサウンドを実現しています。

この他、RCA入力の信号を基板パターンをバイパスしてダイレクトに前面ボリューム部近くのプリアンプ部に入力する配線など、音質と生産性の向上(=低価格化)を両立させる工夫も随所に採り入れています。

電源スイッチには、従来のメカニカル方式に替わって、上位機種のUSB DAC「DS-200」に採用したものと同じ、軽いタッチでON/OFFできるアルミ削り出しボタンを採用した電子式スイッチを採用。前モデルでご要望の多かった操作性の向上と共に高級感を高めただけでなく、スロースタート回路を搭載し電源投入時のポップノイズも大幅に低減しています。

また、電源ランプ色も従来のブルーからアンバー(オレンジ)に変更し、口径も小径化。部屋の中で目立ちすぎず、かつ視認性を確保すると共に、落ち着きのある高級感を高めています。


●主な仕様・概要
・品名 : Soundfort AS-100+
・発売日 : 2017年8月25日
・希望小売価格 : 22,800円(税込)/直販価格 16,800円(税込・送料別)
・最大出力 : 18W+18W(6Ω)
・対応インピーダンス: 4Ω~8Ω
・外形寸法 : H48×W94×D121mm(突起部を除く)
H52mm(インシュレーターを含めた高さ)
・重さ : 約416g
・付属品 : ACアダプター(15V/2.4A)、RCAケーブル(1m)、
取扱説明書

その他の仕様詳細については当社Webサイトを参照ください。
http://www.soundfort.jp/products/as-100plus


●Soundfort について
「聞き流す音楽から、聴き惚れる音楽へ」をコンセプトに、日本人のクラフトマンシップによるこだわりの「高音質・高品質」と、オーディオファンから一般の方まで、より多くの方に気軽によい音を楽しんでいただける「低価格・使いやすさ」を目指すPCオーディオブランド。2014年にMJTS株式会社(神奈川県藤沢市)とDKL Technology社(中国深セン/日本人企業)が共同で設立。
ブランド名「Soundfort」の由来は「Sound+Comfortable」。「心地よい音を楽しむために。音を心地よく楽しむために。」をポリシーに、音楽のある「心地良い時間」を提案していきます。

「Soundfort」ホームページ: https://www.soundfort.jp/


●会社概要
商号 : MJTS株式会社
所在地: 〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台1-1-1
湘南台ダイヤモンドマンション 202
代表者: 代表取締役 杉山 英輝
URL : http://www.mjts-corp.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース