国際学会 「生物学的治療薬分析サミット 2018年」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
生物学的治療薬分析サミット2018年

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2018年3月12-16日 米国、ボルチモアにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際学会 「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的治療薬分析サミット 2018年」の代理店として参加のお申込み受付を8月23日より開始致しました。

会期中は、生物学的治療薬の分析法開発、適合性評価、バリデーション、特性評価の方法とアプローチの進歩、同等性/同質性と生物学的類似性などのトピックに関する規制機関や製薬会社、大学の専門家による講演が予定されており、創薬から開発、商業化へと至るプロセスを推進するのに役立つ実践的なケーススタディや革新的なコンセプト、実用的なアプローチなどについて話を聞き、知識を吸収することができます。

今度のサミットでは、凝集体と不純物の特性評価をテーマにしたカンファレンスプログラムが新設されます。このテーマに関連するセッションは、これまで特性評価の手法とアプローチの進歩をテーマにしたプログラムに含まれていましたが、困難な課題を抱え、活発な動きが見られるこの分野に焦点を絞り込み、十分な時間をかけて議論を行いたいという要望を受け新たなプログラムが設定されました。

カンファレンスプログラム

Method Development, Qualification & Validation (分析法開発、適合性評価、バリデーション)
http://www.giievent.jp/chi540874/method-development-validation.shtml

Characterizing Aggregates & Impurities (凝集体と不純物の特性評価)
http://www.giievent.jp/chi540874/aggregates-impurities.shtml

Advances in Characterization Methods & Approaches (特性評価の手法とアプローチの進歩)
http://www.giievent.jp/chi540874/analyticalcharacterization.shtml

Comparability & Biosimilarity (互換性と生物学的類似性)
http://www.giievent.jp/chi540874/comparability.shtml


株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的治療薬分析サミット 2018年」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「Biotherapeutics Analytical Summit-生物学的治療薬分析サミット 2018年」
開催日:2018年3月12-16日
開催地: 米国、ボルチモア:Sheraton Inner Harbor Hotel, Baltimore, MD USA
概要、お申し込みはこちら: http://www.giievent.jp/chi540874/

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp


【付帯情報】
・生物学的治療薬分析サミット2018年
http://itm.news2u.net/items/output/155650/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース