ユニリタ、ビジネスの意思決定を支援する情報活用基盤の新機能をリリース

プレスリリース発表元企業:株式会社ユニリタ
ユニリタ、ビジネスの意思決定を支援する情報活用基盤の新機能をリリース


 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 北野 裕行、以下ユニリタ)は、今般、レポートからビジネスに付加価値を与える情報活用基盤”「Report & Form Warehouse V6.0」の新たな機能となるReport & Form Warehouse Smart Form機能(以下Smart Form機能)をリリースしました。

 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 北野 裕行、以下ユニリタ)は、今般、レポートからビジネスに付加価値を与える情報活用基盤”「Report & Form Warehouse V6.0」の新たな機能となるReport & Form Warehouse Smart Form機能(以下Smart Form機能)をリリースしました。

 Smart Form機能は、レポートやグラフ上でデータの入力・更新、再レポート化を可能にし、データの入力・更新と可視化をワンストップで実現することができる新しい機能です。計画や実行状況を収集するツール(ETL)、収集したデータを可視化するツール(BI/DWH)は、国内においても多種・多様にありますが、意思決定の際、決められたしきい値などではなく、レポートやグラフから直接・直感的に入力してシミュレーションができる製品・ソリューションは非常に少なく、さらには、動的変化をリアルタイムに可視化し意思決定を支援するソリューションはありませんでした。

「Smart Form機能」は、これらの高精度なシミュレーションを実現することで、正確な意思決定のために意思決定者が必要とする高品質な情報の提供を可能にします。予算策定のような「数値の入力と実数評価を繰り返すような業務」や、「作業指示書を見ながら作業結果を入力し作業報告書を作成する」など、今までの煩雑な業務が改善され、作業効率を格段に向上させます。

 また、既存の定型フォームにさまざまなデータ入力用のフォームオブジェクトを追加することができるため、業務に必要なデータや情報の閲覧と同時に新たなレポート作成が可能となります。さらに、HTML5対応のWebアプリケーションとして動作するため、クライアントアプリケーションのインストールは不要です。OS、Webブラウザを問わず、PCはもとより、タブレットやスマートフォンからの入力も可能なため、テレワークのように場所を選ばずにさまざまなビジネスシーンで活用することができます。

以 上

■Smart Form画面イメージ

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxNTAwMCMxODgyNDUjMTUwMDBfQWtvd2RUaVVNci5wbmc.png ]


■「Report & Form Warehouse Smart Form機能」について
http://www.unirita.co.jp/products/rfw/smartform.html

<お問い合わせ先>
■製品・サービスについてのお問い合わせ
株式会社ユニリタ プロダクト事業本部 販売支援グループ:水原、中島
TEL:(03)5463-6383  E-mail:product@unirita.co.jp

※本プレスリリースに記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、
 あらかじめご了承ください。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース