リアルグローブ、熊本県南小国町と「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意 ドローン映像など多様な情報を地図へ集約するサービス(Hec-Eye(TM):ヘックアイ)を活用

プレスリリース発表元企業:株式会社リアルグローブ
Hec-Eye 専用サイト

Hec-Eyeができること

株式会社リアルグローブ(所在地:東京都文京区、代表取締役:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(理事長:稲田 悠樹、通称:EDAC、以下 EDAC)、熊本県阿蘇郡南小国町(町長:高橋 周二、以下 南小国町)と「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」について合意いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135775/LL_img_135775_1.jpg
Hec-Eye 専用サイト


【調印式開催のお知らせ】
本協定の締結に際し、平成29年8月22日(火)13:30より、南小国町役場(熊本県阿蘇郡南小国町大字赤馬場143番地)にて調印式及びドローン研修を行います。


【本事業の概略について】
高齢化や過疎化、社会インフラの老朽化といった課題を見据え、ドローンの災害等の有事への活用はもちろん、日常の様々な産業へ活用及び実証実験等を行うことにより、南小国町の安心安全な暮らしを守り、便利で住みやすい町の実現へ向けて協働して取り組むことを目的としております。なお、本事業は、2016年度総務省 身近なIoTプロジェクト「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業」の成果の実用化事業となります。


【ドローン映像など多様な情報を地図へ集約するサービス(Hec-Eye(TM):ヘックアイ)】
Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)は、迅速で正確なドローンを使った広範囲の状況把握を可能とし、本部と現場のコミュニケーションを円滑にします。
導入作業は、ドローンに繋いだスマホにアプリをインストールするだけです。起動するとドローンの映像は自動的にクラウドへアップされるため、本部からリアルタイムで映像を見ることができます。

2017年秋β版リリース予定につき、資料請求の受付、先行ユーザーおよび販売代理店を募集しております。詳細は、専用サイトからお問い合わせください。


★Hec-Eye(TM):ヘックアイ 資料請求・先行ユーザー登録はこちらから
https://hec-eye.realglobe.jp/


※Hec-Eye(TM):ヘックアイ 特許出願中
出願日 :平成29年8月1日
出願番号:特願2017-149110


【リアルグローブ会社概要】
社名 : 株式会社リアルグローブ
URL : http://realglobe.jp/
代表者 : 代表取締役 大畑 貴弘
設立 : 2008年10月1日
本社所在地: 〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ205号室


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース