ビデオリサーチ 2017年6月度首都圏ラジオ調査結果まとまる

プレスリリース発表元企業:株式会社ビデオリサーチ


株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤(かとう) 讓(ゆずる))は、首都圏、関西圏、中京圏の3地区において、それぞれ自主ラジオ個人聴取率調査を実施しています。首都圏ラジオ調査は、年6回偶数月に調査しており、この度2017年6月度の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤讓)は、首都圏、関西圏、中京圏の3地区において、それぞれ自主ラジオ個人聴取率調査を実施しています。
首都圏ラジオ調査は、年6回偶数月に調査しており、この度2017年6月度の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

[Ⅰ] ラジオはどれくらい聞かれている?(1週間のラジオ接触率 1週間累積:5時~29時)
・1週間のうちにラジオを聞いた人は57.3%と、男女12~69才の6割近くとなっています。
・また、リスナー(ラジオを聞いた人)の平均聴取時間(1週間累積)は13.6時間で、1日あたり2時間近く聞かれています。

[Ⅱ] ラジオはどこで聞かれている?(聴取場所別聴取分数のシェア 週(月~日):5時~29時)
・ラジオは自宅内・自宅外の両方で聞かれる特性を持ったメディアです。
・自宅内で聞かれる割合は46.6%、「車の中」「車の中以外」を合わせた自宅外では、53.4%です。

[1]全局個人聴取率 (6時~24時:週平均・平日平均・土曜・日曜)
[2]聴取場所別個人聴取率(6時~24時:週平均・自宅内・自宅外)
[3]全局個人聴取率 時系列比較(前回比較)(6時~24時:週平均)
[4]全局到達率<ウィークリーリーチ> 時系列比較(前回比較)(5~29時:1週間累積)
[5]ラジオ接触者の全局聴取分数 時系列比較(前回比較) 1週間累積(5~29時)のスコアを1日あたりに換算したもの。※接触者1人あたり。

詳細は弊社Webサイトをご覧下さい。
https://www.videor.co.jp/press/2017/170711.htm

【調査概要】
■ 調査方法 ……… 携帯型調査票またはスマートフォンやPCなどによる電子調査票への1週間分の日記式調査
■ 調査エリア ……………… 首都圏(東京駅を中心とする半径35km圏)
■ 調査対象 ……………… 12才~69才の男女個人(3,000人)
■ 有効標本数 ……………… 2,806人 (有効回収率93.5%)
■ 標本抽出法 ……………… 無作為系統抽出法
■ 調査期間 ………………2017年6月12日(月)~2017年6月18日(日)

【データ内容】
■ 到達率(ウィークリーリーチ) ……… 1週間に5分以上ラジオを聞いた人の割合
■ 聴取分数 ……………… ラジオ接触者の1人1日当たりの聴取分数
■ 聴取場所 ……………… ラジオを聞いた場所(自宅内・車の中・車の中以外の3ヵ所)
※個人聴取率,聴取場所別個人聴取率は6時~24時の数値
※到達率(ウィークリーリーチ),聴取分数は5時~29時の数値





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース