クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」が国内初の50万IDを達成!

プレスリリース発表元企業:株式会社ヒューマンテクノロジーズ
クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」が国内初の50万IDを達成!

クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」が国内初の50万IDを達成!


株式会社ヒューマンテクノロジーズは、クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME(キングオブタイム)」の総ユーザー数が2017年1月に50万IDの大台を突破していたことを発表。これは国内のクラウド勤怠管理市場において最速と見られ、「働き方改革元年」の幕開けを象徴する記録として注目を集めている。

株式会社ヒューマンテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:恵志章夫)は、6月9日(金)、同社のクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME(キングオブタイム)」の総ユーザー数が、2017年1月に初めて50万IDの大台を突破していたことを正式に発表しました。
国内最速で50万IDを達成
これは、2017年1月31日に定期集計を実施した際、有料アクティブユーザー数が500,633に達していることが判明したものであり※1、一方、富士キメラ総研が例年7月頃に発刊する「ソフトウェアビジネス新市場」の勤怠管理ソフトSaaS部門利用ID数調査でも、KING OF TIMEは2015年、2016年と2年連続でトップシェアを続けていることから、複数が競合する国内のクラウド勤怠管理システム市場において、KING OF TIMEが最も早く総ユーザー数50万IDに達したものと推定されます。

上記「ソフトウェアビジネス新市場 2016年版」の市場分析では、クラウド勤怠管理システムは、近年、従業員500名以下の中堅~中小企業で利用が広がり、なお潜在需要は大きいと見られるため、さらに市場が拡大していくと予想されています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyNjAxMSMxODQ1MDQjMjYwMTFfcWJ6alZObHhHdi5wbmc.png ]

政府の施策によりさらなる加速が予想される
KING OF TIMEは初期費用が不要※2なうえ、1IDあたり月額300円で豊富な機能を利用できることから、2010年以来、総ユーザー数は毎年5万~10万程度の増加を続けてきました。最新の5月8日の集計によれば、総ユーザー数はすでに529,145IDにまで伸びていることが確認されています。

今年は特に「平成28年度補正予算 サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)※3や、「職場意識改善助成金」※4による後押しがあるため、よりいっそうの広がりも見込まれます。

働く人を大切にする社会に不可欠のインフラ
急速に人手不足が深刻化しつつある現在、政府が推進する「健康経営優良法人認定制度」(経済産業省)や「働き方改革」(厚生労働省)など働く人を大切にする施策が優先事項としてクローズアップされています。これらの施策をより効果的に実現するインフラとしてクラウド勤怠管理システムは今や不可欠の存在となってきました。
KING OF TIMEの総ユーザー数が国内で初めて大台を超えた50万IDという数字は、「働き方改革元年」と言われる2017年においてわかりやすい区切りを提供し、今後は施策の進捗度をはかるための数値基準として活用されていくことになると思われます。

※1 OEM製品を含みます。
※2 すでに所有するPCやスマートフォンを使用して打刻する場合は新たな費用はかかりません。それ以外の認証機器を使用する場合は別途購入費用が必要になります。
※3 IT補助金については、「IT導入補助金」(平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業) https://www.it-hojo.jp/ のサイトを参照してください。
※4 職場意識改善助成金については、「労働時間等の設定の改善」 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/index.html を参照してください。

■ KING OF TIMEとは
PCとインターネットだけで高度な勤怠管理を行うことができるクラウド勤怠管理システムです。以下のような特長があります。
● 初期費用および基本料金なし、月額300円/IDの明快かつ低額の課金モデル
● スマートフォンを利用したGPS認証、ICカードによる認証、指静脈や指紋による生体認証など多彩なタイムレコーダー機器・アプリを用意
● リアルタイムに、勤務集計、残業状況、アラート、人件費の概算などの確認を実現
● 複数の管理者設定、シフト管理、申請・承認ワークフロー、休暇管理、警告設定などの機能で業務改善を支援
● 企業ごとの専任担当による導入サポートや、専門スタッフによる高度なヘルプデスクなどのヒューマンサービスが標準


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyNjAxMSMxODQ1MDQjMjYwMTFfVFhVcG1qQ1FnVi5wbmc.png ]

KING OF TIME公式ホームページ http://www.kingtime.jp/

■ ヒューマンテクノロジーズについて
創業2003年、企業の最大の財産である「人」を「時」を通じて見つめ、人時生産性の向上をお客様とともに考えるITソリューション企業です。現在、主要な製品として、クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME(キングオブタイム)」、クラウド人事管理システム「huub HR(ヒューブエイチアール)」、指紋認証システム「DigitalPersona Altus(デジタルペルソナアルタス)」をサービスしています。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ヒューマンテクノロジーズ
TEL:03-4570-8553
URL:http://www.h-t.co.jp



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース