伝統の手工芸「加賀ゆびぬき」を一堂に紹介する「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」1月23日(月)から東京・有楽町「東京交通会館」で開催

プレスリリース発表元企業:加賀ゆびぬき結の会
伝統の手工芸「加賀ゆびぬき」を一堂に紹介する「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」1月23日(月)から東京・有楽町「東京交通会館」で開催

伝統の手工芸「加賀ゆびぬき」を一堂に紹介する「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」1月23日(月)から東京・有楽町「東京交通会館」で開催

伝統の手工芸「加賀ゆびぬき」を一堂に紹介する「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」1月23日(月)から東京・有楽町「東京交通会館」で開催


「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」では、結の会メンバー・主宰 石井康子・講師併せて230名の作品、並びに「加賀ゆびぬき」作家の金沢在住・大西由紀子先生、名古屋在住・横井早苗さん、小山在住・寺島綾子さんの作品を展示します。2004年の第1回開催以来ほぼ2年に一度の開催で6回目となる本展は、これまでの集大成と位置づけひとつの区切りとします。以降は「加賀ゆびぬき」のすばらしさをできるだけ多くの人に知っていただきたいという願いを込め、首都圏を中心に静岡・仙台・長野などで各地の教室においても自主的な作品展などを開催し、現状の教室体制を維持・強化しながら、「加賀ゆびぬき」のすばらしさをより多くの人に伝える活動を地道に続けてまいります。

金沢伝統の手工芸「加賀ゆびぬき」の普及活動を行う「加賀ゆびぬき結の会」(主宰:石井康子)では、2017年1月23日(月)~28日(土)の6日間、東京・千代田区有楽町の東京交通会館2階ギャラリーにおいて、手工芸「加賀ゆびぬき」を一堂に会する「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」を開催します。

▼加賀ゆびぬき結の会:http://quilt-yui.com/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTY5MCMxNzYzNzQjNDk2OTBfQ05CRkFYTUZmbS5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTY5MCMxNzYzNzQjNDk2OTBfUG9RQkFCeWVYci5KUEc.JPG ]

■結の会メンバー・主宰 石井康子・講師併せて230名、並びに金沢・大西由紀子先生、名古屋・横井早苗さん、小山・寺島綾子さんの作品を展示
「加賀ゆびぬき結の会作品展~絹糸万華鏡 最終巻~」では、結の会メンバー・主宰の石井康子・結の会講師併せて230名、並びにゲストとして金沢在住の大西由紀子先生、名古屋在住の横井早苗さん、小山在住の寺島綾子さんの作品を展示します。

このほか、会場では『四季を彩る 加賀のゆびぬき』(2014年、文化出版局)掲載作品の展示や書籍販売、作品展DMにも採用された過去3回分の作品展示、数に限りはありますが「加賀ゆびぬき」やゆびぬきのアクセサリー、キット、クリアファイル等の販売も行われます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTY5MCMxNzYzNzQjNDk2OTBfYWxPY01zTVNway5KUEc.JPG ]


■伝統手工芸ならではの実用性と趣向を兼ね備える「加賀ゆびぬき」
裁縫道具としての「加賀ゆびぬき」は、石川県金沢に伝わる加賀友禅のお針子さんたちが自分用に糸かがりの「ゆびぬき」を作ったのが始まりとされています。その色彩豊かな絹糸の美しさが評価され、今では「ゆびぬき」だけにはとどまらず、帯留めやネックレスなどさまざまなアクセサリーなどにも応用され、趣味としての手工芸など、広く親しまれています。

市販されているゆびぬきは、指に慣れてくると穴が空いたり、サイズが合うものがないなど使いづらい点がありますが、「加賀ゆびぬき」は自分の指のサイズに合わせて作ることができ、また、ゆびぬき以外のアクセサリーを作ることも可能です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTY5MCMxNzYzNzQjNDk2OTBfUXhhU0dvTWNOVi5qcGVn.jpeg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTY5MCMxNzYzNzQjNDk2OTBfY01yd2hpdVJwRy5qcGVn.jpeg ]


たたずまいも手仕事の風合いを感じさせる上品な趣向があり、実用性と意匠性の両方を兼ね備えている伝統的な手工芸「加賀ゆびぬき」を多くの人に知ってもらう活動を日々行っているのが、「加賀ゆびぬき結の会」です。


■「加賀ゆびぬき結の会」による「加賀ゆびぬき」の振興

「加賀ゆびぬき結の会」が主催する作品展は、2004年の第1回開催以来、本年で6回目となります。

この間に、「加賀ゆびぬき結の会」発足当時に3クラスだった教室は、NHKのテレビ番組「おしゃれ工房」や「すてきにハンドメイド」に加賀ゆびぬき作家の大西由紀子先生が出演したことや、「加賀ゆびぬき結の会」講師陣の協力により文化出版局から石井康子が『四季を彩る 加賀のゆびぬき』を上梓したことなどを通し、首都圏を中心に静岡・仙台・長野などで結の会講師陣が開催する教室約30か所、生徒数は300名以上に達しています。

これにともない作品展への出品数が増え続けたことで、全国の教室の門下生の作品をまとめて一か所で展示するに見合った広さの会場を確保することが難しくなりました。

そこで、作品展を主催する「加賀ゆびぬき結の会」では、本展をひとつの区切りにすることとしました。以降は「加賀ゆびぬき」のすばらしさをできるだけ多くの人に知ってもらいたいという願いを込め、首都圏を中心に静岡・仙台・長野など各地の教室において続けてきた自主的な作品展などを開催、これからも現状の教室体制を維持・強化しながら、「加賀ゆびぬき」のすばらしさをより多くの人に伝える活動を地道に続けてまいります。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTY5MCMxNzYzNzQjNDk2OTBfd25lTUtqcXVubi5KUEc.JPG ]


■「加賀ゆびぬき結の会作品展~錦糸万華鏡 最終巻~」について
展示会名:加賀ゆびぬき結の会作品展 ~錦糸万華鏡 最終巻~
主 催:加賀ゆびぬき結の会
協 賛:カナガワ株式会社
会 場:東京都千代田区「東京交通会館」2階ギャラリー
所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
電話:03-3215-7962(会期中のみ)
交通:JR有楽町駅京橋口・中央口 徒歩1分
東京メトロ
有楽町線 有楽町駅・銀座一丁目駅 徒歩1分
丸の内線・銀座線・日比谷線 銀座駅 徒歩3分
千代田線 日比谷駅 徒歩8分
都営三田線 日比谷駅 徒歩5分
会 期:2017年1月23日(月)~28日(土)
開場時間:1月23日(月)10:00~19:00
1月24日(火)~26日(木)10:00~18:00
1月27日(金)10:00~19:00
1月28日(土)10:00~16:00
入場料:無料
内 容:加賀ゆびぬき結の会主宰 石井康子・講師・生徒約230名の作品のほか、金沢在住・大西由紀子さん、名古屋在住・横井早苗さん、小山在住・寺島綾子さんの作品展示 書籍・ゆびぬき等の販売
来場見込み:3,000人
加賀ゆびぬき結の会 公式Webサイト:http://quilt-yui.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kagayubinukiyuinokai/
問合せ:加賀ゆびぬき結の会 公式Webサイト問い合わせフォームより


【加賀ゆびぬき結の会について】
代表者:主宰 石井康子
電話番号:070-6661-5424
URL:http://quilt-yui.com/
活動内容:伝統手工芸「加賀ゆびぬき」の普及活動
伝統手工芸「加賀ゆびぬき」の教室運営




提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース