2016-05-13 11:03:15

電通とApp Annie、「日本ゲームアプリ市場レポート」を発表

プレスリリース発表元企業:App Annie

アプリ情報プラットフォームを提供するApp Annie(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Bertrand Schmitt)と株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、共同で実施した日本のゲームアプリ市場に関する調査レポートを、本日、App Annieのウェブサイト(http://jp.blog.appannie.com/understanding-mobile-gaming-japan/)上で発表します。





[画像: http://prtimes.jp/i/11276/60/resize/d11276-60-956397-1.jpg ]



今回の調査では日本のゲームアプリ市場におけるダウンロード数、収益、利用時間などのデータをもとに、ゲームのサブカテゴリの分析や米国市場との比較で日本市場の特徴を明らかにしています。レポートは英語、日本語に対応し、同サイトから無料でダウンロードできます(近日中の韓国語、中国語対応も予定しております)。

電通は単一の広告会社としては世界最大であり、日本では年刊「日本の広告費」に含まれるデータをはじめ、各媒体への広告投資のための基礎データ、大規模な消費者分析データ、マーケティング関連データを保有しています。また同社は、日本では、5,000社以上のクライアントを抱え、高度で質の高い広告コミュニケーション・サービスを提供しています。
今後も両社はそれぞれの知見を融合させ、日本のアプリ市場に関する基礎情報に加え、アプリ広告の状況などについてもレポートする予定です。

レポートのダウンロードはこちら
 http://jp.blog.appannie.com/understanding-mobile-gaming-japan/

App Annieについて
App Annie (アップアニー) は、アプリビジネスを成功へと導く信頼性の高い市場データと深い洞察を提供しており、アプリ市場の情勢、自社アプリの競合優位性をより深く把握するため、50万を超える登録ユーザに利用されています。米・サンフランシスコに本社を置き、世界15都市で、425名以上の従業員が活躍しています。現在までにeVentures、Greenspring Partners、グレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、セコイア・キャピタル等の世界中のベンチャーキャピタルから1億5,700万米ドルの資金調達を実施しました。
 会社ホームページ: www.appannie.com
 Twitterアカウント: @AppAnnieJapan
 Facebookページ: https://www.facebook.com/appanniejapan/

株式会社電通について
単独の広告会社として世界最大の電通には、114年に及ぶ挑戦と改革の歴史があります。電通グループは、コミュニケーション領域を中核にして、広告主やメディア・コンテンツ企業をはじめとする顧客の経営課題・事業課題の解決からマーケティング・コミュニケーションの実施まで、そのすべてを事業領域とし、日本のみならずグローバル市場において、ベストなソリューションを提供しています。世界で11,000以上の顧客企業に対し、9つのグローバルネットワーク・ブランド(Carat、Dentsu、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、MKTG、Posterscope、Vizeum)とAmnet、Amplifi、Data2Decisions、Mitchell Communications(PR)、360iなどの専門エージェンシーを通じて、多岐にわたるサービスを提供しています。また、スポーツやエンターテインメント(映画やアニメ等)などのコンテンツ・ビジネスに強みを持っています。現在、電通グループでは47,000名を超える従業員が5大陸140ヵ国・地域以上でビジネスを展開しています。詳しくは、http://www.dentsu.co.jp(和文サイト)、http://www.dentsu.com(英文サイト)をご覧ください。

プレスリリースについてのお問い合わせ先
 メールアドレス:mkt-jp@appannie.com
 電話番号(広報:藤原):080-9890-5632

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース