2016-01-15 09:00:00

IDTechExリサーチ:1000億ドルのロボティクス機会

プレスリリース発表元企業:IDTechEx
IDTechExリサーチ:1000億ドルのロボティクス機会

IDTechExリサーチの新たな報告書「ロボティクス2016~2026年」によれば、ロボット産業は間もなく大躍進を遂げる

(ボストン)- (ビジネスワイヤ) -- 最初の産業用ロボットのユニメートは、1961年にゼネラルモーターズの工場で導入されました。その後の数十年間に、自動車業界で産業用ロボットアームの使用が盛んになりました。より最近では、半導体業界やエレクトロニクス業界のクリーンルーム環境での産業用ロボットアームの使用も盛んになりました。そうした従来の産業用ロボットの市場は今や約110億ドルの価値を持ち、ゆっくりと成長を続けています。現代の産業用ロボットアームは一般に最小限のセンサーを搭載しているものの真のインテリジェンスは持たず、技術は大きく変わっていません。しかし、ロボット工学、用途、技術、市場の未来を探ったIDTechExリサーチの新たな報告書「ロボティクス2016~2026年」に詳述されているように、革命が起こりつつあります。

電池、パワーエレクトロニクス、モーター、センサー、プロセッサー、人工知能などの分野の独立したさまざまな技術進歩により、今やロボット工学が多くの異なる点でついに一歩抜きん出る環境が出来つつあり、従来の産業用ロボットが解決できなかったさまざまな問題を解決しています。IDTechExリサーチは、既存・新興ロボット市場の部門が現在では250億ドルの市場となり、2026年までに1200億ドル以上に成長することを突き止めました。

IDTechExリサーチの報告書「ロボティクス2016~2026年」では、現在と将来のロボット産業全体の最も包括的な全体的市場分析を構築するために、事例研究、現在の市場価値、成長の数字を紹介しながら、それぞれの主要な市場部門について詳述しています。IDTechExは、完全に世界的な様相を捉えるために、北米、欧州、アジア全域の18カ国の企業を調査しました。

この報告書には、以下の予測が含まれます。

2016~2026年の総市場価値予測 従来の産業用ロボット、協調型ロボット、外科補助、農業用ロボット、個人向けロボット(3Dプリンター、芝刈り機、プール掃除機、掃除機に分類)に関する2016~2026年の個々の市場予測 2016~2026年の部門ごとの市場シェア 2016~2026年の各市場部門の絶対成長(ドル換算) 2016~2026年に予想される主要な進展のタイムライン 現在の各市場部門・技術の進化の状態を示すハイプ曲線 詳細に紹介された部門には、産業用ロボット(中国内外)、外科用、軍用、物流・倉庫用、個人向け、農業用、鉱業用、協調型、自律搬送が含まれます。

詳細については、www.IDTechEx.com/roboticsをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=51258417&lang=en

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160114005618/ja/

連絡先
IDTechEx
Alison Lewis
Marketing Manager, Reports
a.lewis@IDTechEx.com
www.IDTechEx.com
twitter.com/IDTechEx
UK: +44-1223-810290
US: +1-617-577-7890

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告