2015-09-28 21:01:00

ジェフリーズが2015年度第3四半期の財務業績を発表

プレスリリース発表元企業:Jefferies Group LLC
ジェフリーズが2015年度第3四半期の財務業績を発表

ジェフリーズが2015年度第3四半期の財務業績を発表

(ニューヨーク)- (ビジネスワイヤ) -- ジェフリーズ・グループは本日、2015年度第3四半期の業績を発表しました。

2015年8月31日締め四半期の要点は以下の通りです。これには、最終的撤退費用と償却のかなりの部分と有意義な事業の最終期間を反映したベーチェ事業の営業業績および事業撤退費用を除いた調整額が含まれています。

投資銀行部門の純収入は3億9000万ドル セールス・トレーディングの総純収入は1億8500万ドル 調整後総収入(ベーチェを除く)は5億8300万ドル 調整後純利益(ベーチェを除く)は4700万ドル 純利益は200万ドル(べーチェを含む) 2015年8月31日締め年初9カ月の業績の要点(ベーチェ事業の営業業績と撤退費用を除いた調整額を含む)は以下の通りです。

投資銀行部門の純収入は10億6600万ドル セールス・トレーディングの総純収入は8億9600万ドル 調整後総収入(ベーチェを除く)は18億8200万ドル 調整後純利益(ベーチェを除く)は1億5300万ドル 純利益は7500万ドル(べーチェを含む) ジェフリーズのリチャード・B・ハンドラー会長兼最高経営責任者(CEO)とブライアン・P・フリードマン執行委員会会長は、次のように述べています。

「投資銀行と株式事業の業績は堅調だったものの、全体の業績は芳しくありませんでした。べーチェを除く当四半期の純収入は5億8300万ドル、純利益は4700万ドルでした。第2四半期は堅調でしたが、第3四半期のセールス・トレーディング環境は、ギリシャのユーロ離脱の可能性の懸念から当初は低調であり、第3四半期の後半には、中国の経済成長減速のニュースで売買高がさらに減少し、引き続き世界的に資産価格が低下したことから、さらに変動性が高まり厳しい状況になりました。変動率が大きく上昇したため、世界のほぼすべての資産クラスに影響が及びました。これは特に、クレジット市場のディストレスト部門、とりわけエネルギー・セクターに大きな影響を及ぼしました。」

「当四半期、債券部門では低調な環境と変動により、純収入は1400万ドルの赤字となりました。これにより当社の棚卸し資産は時価評価損となりました。当四半期、特にハイイールド・ディストレスト債セールス・トレーディング事業のトレーディング業績が全体の業績にマイナスの影響を及ぼしました。ディストレスト債のマーケットメーカーである性質上、ジェフリーズは顧客および市場が最も活発なセクターでポジションを取り、日々時価評価損益を計上しています。この9カ月で、25を超えるディストレスト・エネルギー・ポジションで合計9000万ドルの損失を計上しました。9カ月で、損失を出した最大規模の10件のポジションでそれぞれ約400万ドル~1900万ドル、平均して約800万ドルの損失を計上し、収入は赤字となりました。このような値下がりに加え、当社の世界全体の債券事業の他の一部の地域における活動レベルの低下と若干の棚卸し資産評価損が、債券事業の業績へのマイナス圧力の大部分を占めました。エネルギー・セクターに投資する主要投資銀行プラットフォームの1つとして、当社は最近も事業再編と資金調達に有意義に関わっており、今後もエネルギー・セクターのクライアントにサービスを提供していきます。」

「当四半期、債券事業で直面した問題のほとんどは1年前に始まった明らかな要因によるものであり、その大部分は石油・ガス業界の混乱に関連していると考えています。2015年年初9カ月で、当社は流動性を提供し、お客さまのために約50億ドルのディストレスト・エネルギー証券を取引しました。ディストレスト・エネルギー・トレーディング事業のエクスポージャは当四半期に約50%減少し、現在、正味市場価値は合計で7000万ドルに減少しています。当社のディストレスト証券のエクスポージャは現在のレベルまで低下しているため、今後の業績には同じような影響はないと考えています。」

「8月に世界の株式市場で急落がありマイナスの影響を受けましたが、当社の中核的な株式部門の業績はまずまずでした。当四半期の株式部門の純収入は2億300万ドルでした。ジェフリーズ投信銀行部門の純収入は3億9000万ドルと非常に堅調で、特にエクイティ・キャピタル市場は過去最高の業績を達成しました。2015年8月31日締めの年初9カ月で、手数料ベースの投資は純収入の54%を占め、前年同期と同程度の割合になりました。投資銀行事業の受注残は引き続き堅調で商品、セクター、地域で多岐にわたっています。レベル3資産は棚卸し資産の3%未満で、賃借対照表および流動性の指標はすべて、当社の過去の範囲に沿っています。当四半期、当社は1株当たり14ドルで650万株を売り渡してナイト・キャピタル・グループ(KCG)のポジションを削減し、9100万ドルの現金を取得しました。」

「べーチェの事業撤退は、時期、費用、償却の予想の範囲で大部分が完了しました。ほぼすべての顧客アカウントをソシエテ・ジェネラルおよび他のサービス提供業者に譲渡しました。第3四半期末の帳簿上にこの事業に関連する大きなリスクは残っていません。べーチェが最近の業績に及ぼした影響としては、2014年会社全体の純利益の1億5800万ドルには、べーチェに関連する1億ドルの純損失が含まれています。同様に、2015年会計年を通して、ジェフリーズにはべーチェに関連して2014年と同じ純損失、すなわち約1億ドルの損失が発生すると予想しています。これには実質的な最終撤退費用全額が含まれます。2015年年初9カ月の当社の業績にはべーチェに関連する7700万ドルの純損失が含まれています。この業績には、税引き前で、2014年ののれん償却の5200万ドル、および2015年の非現金性償却の2400万ドルが含まれます。ようやく次の段階に進めるようになったことをうれしく思っています。」

「市場の混乱は時折発生するものの、拡大する顧客ベースにサービスを提供する能力を向上させるべくジェフリーズ全体に投資を続ける中で、このような市場の混乱により、概して当社独自の競争力を生かす機会が得られました。当社はこの夏、投資銀行、株式、債券部門に重要な人材を採用しました。当社は世界の既存および新規クライアントに十分なサービスを提供し、今後も市場シェアを拡大できると考えています。」

「事業構成を簡略化し、べーチェの事業撤退によってより集中的になることで、ジェフリーズはより着実に好調な業績を上げることができるでしょう。他の部門の進展と勢いは、一部事業でのトレーディング損失と活動低迷によって相殺されました。当社の最優先目標は、第4四半期および2016年度に、株式、債券、投資銀行事業におけるジェフリーズ・フランチャイズの完全な収益力を反映した業績を達成することです。」

添付の財務諸表は、2015年5月31日締め年度のフォーム10-Qによる当社の四半期報告書および2014年11月30日締め年度のフォーム10-Kによる年次報告書と併せてお読みください。2015年8月31日に関する数値は本業績発表日時点の速報値であり、2015年8月31日期末四半期に関するフォーム10-Qによる四半期報告書において修正される可能性があります。上記の調整財務指標は非GAAP財務指標です。これは、投資家が既存のベーチェ事業を考慮して当社の業績を評価できる有意義な情報となると経営陣は考えています。調整後の財務指標とそれぞれの直接の米国GAAP財務指標との差異調整については、6~8ページの付属明細書をご覧ください。

本リリースには、1933年証券法第27A項および1934年証券取引法第21E項のセーフハーバー条項の意味で「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、将来の市場シェア、予想される財務業績およびべーチェの撤退費用など、当社の将来の成果や業績が含まれます。実際の結果は、これらの将来予想に関する記述で予想されたものと大きく異なるものになる可能性があります。実際の結果が将来予想に関する記述で予想されたものと大きく異なる原因となる可能性のある重要な要因についての説明は、当社の直近のフォーム10-Kによる年次報告書をご覧ください。

50年以上にわたって顧客にサービスを提供している世界的な投資銀行のジェフリーズは、洞察力、専門知識、執行サービスを投資家、企業、政府に提供するリーダー企業です。当社は株式、債券、外国為替を対象とするあらゆる投資銀行業務、セールス、トレーディング、リサーチ、戦略ならびにウェルスマネジメントを米州、欧州、アジアで提供しています。ジェフリーズ・グループは、総合持株会社のリューカディア・ナショナル・コーポレーション(NYSE: LUK)の完全保有子会社です。

  ジェフリーズ・グループおよび子会社 連結損益計算書 (単位:千) (未監査)   四半期 2015年8月31日締め 2015年5月31日締め   2014年8月31日締め       収入: 手数料 $ 172,284 $ 173,508 $ 159,085 自己勘定取引 (50,297 ) 155,962 144,354 投資銀行業務 389,820 404,262 467,793 資産運用手数料およびマネージドファンドの投資利益 4,182 5,650 8,463 受取利息 230,805 240,552 249,251 その他の収益   34,329     28,576     26,489   収入合計 781,123 1,008,510 1,055,435 支払利息   202,195     216,956     212,126   純収入   578,928     791,554     843,309     利息外費用: 報酬・給付 336,499 480,770 477,268   報酬・給付以外の費用 立会場仲介および決済手数料 45,307 58,713 55,967 技術および通信 89,378 72,361 67,286 賃料・機器賃借料 25,967 24,420 28,477 事業開発 30,527 26,401 27,800 専門サービス 24,684 27,419 31,231 その他   19,473     16,758     19,645   報酬・給付以外の費用合計   235,336     226,072     230,406   利息外費用合計   571,835     706,842     707,674   税引き前利益 7,093 84,712 135,635 法人所得税   4,609     24,530     51,762   純利益 2,484 60,182 83,873 非支配持分に帰属する純利益   427     349     312   ジェフリーズ・グループLLCに帰属する純利益   $ 2,057     $ 59,833     $ 83,561     税引き前営業利益率 1.2 % 10.7 % 16.1 % 実効税率 65.0 % 29.0 % 38.2 %     ジェフリーズ・グループおよび子会社 連結損益計算書 (単位:千) (未監査)   年初9カ月 2015年8月31日締め 2014年8月31日締め   収入: 手数料 $ 512,714 $ 488,526 自己勘定取引 211,142 566,133 投資銀行業務 1,066,077 1,213,262 資産運用手数料およびマネージドファンドの投資利益(損失) (5 ) 15,319 受取利息 700,227 782,059 その他の収益   82,810     57,962   収入合計 2,572,965 3,123,261 支払利息   610,811     657,932   純収入   1,962,154     2,465,329     利息外費用: 報酬・給付 1,182,484 1,390,043   報酬・給付以外の費用 立会場仲介および決済手数料 159,100 159,500 技術および通信 234,126 201,849 賃料・機器賃借料 74,571 81,652 事業開発 78,865 79,193 専門サービス 76,359 81,395 その他   51,960     54,656   報酬・給付以外の費用合計   674,981     658,245   利息外費用合計   1,857,465     2,048,288   税引き前利益 104,689 417,041 法人所得税   29,470     155,962   純利益 75,219 261,079 非支配持分に帰属する純利益   1,647     3,760   ジェフリーズ・グループLLCに帰属する純利益   $ 73,572     $ 257,319     税引き前営業利益率 5.3 % 16.9 % 実効税率 28.2 % 37.4 %     ジェフリーズ・グループおよび子会社 連結調整後財務データ(抜粋) (単位:千) (未監査)           2015年8月31日締め四半期 GAAP 調整額 調整後   純収入 $ 578,928 $ (4,289 ) (1) $ 583,217   利息外費用: 報酬・給付 336,499 22,117 (2) 314,382 報酬・給付以外の費用   235,336     37,708   (3)   197,628   利息外費用合計   571,835     59,825   (4)   512,010     営業利益(損失)   $ 7,093     $ (64,114 )   $ 71,207   純利益(損失)   $ 2,484     $ (44,318 )   $ 46,802     報酬比率 (a) 58.1 % 53.9 %   2015年5月31日締め四半期 GAAP 調整額 調整後   純収入 $ 791,554 $ 35,697 (1) $ 755,857   利息外費用: 報酬・給付 480,770 34,473 (2) 446,297 報酬・給付以外の費用   226,072     38,536   (3)   187,536   利息外費用合計   706,842     73,009     633,833     営業利益(損失)   $ 84,712     $ (37,312 )   $ 122,024   純利益(損失)   $ 60,182     $ (25,505 )   $ 85,687     報酬比率 (a) 60.7 % 59.0 %   2014年8月31日締め四半期 GAAP 調整額 調整後   純収入 $ 843,309 $ 47,928 (1) $ 795,381   利息外費用: 報酬・給付 477,268 22,602 (2) 454,666 報酬・給付以外の費用   230,406     36,068   (3)   194,338   利息外費用合計   707,674     58,670     649,004     営業利益(損失)   $ 135,635     $ (10,742 )   $ 146,377   純利益(損失)   $ 83,873     $ (5,660 )   $ 89,533     報酬比率 (a) 56.6 % 57.2 % (a) 米国GAAPによる報酬比率と調整後の報酬比率の調整は、上述の項目の調整から算出しました。

提示された調整後財務情報は未監査の非GAAP財務指標です。調整後財務情報は、まず米国GAAPによる情報から、当社のべーチェ事業の営業を除外して調整したものです。開示された調整後の指数および調整額は、対応する米国GAAPによる指数と関連して提示された場合、投資家は、既存のべーチェ事業を考慮して当社の業績を評価できるため、投資家にとっては有益であると当社は考えています。これらの指数は米国GAAPに基づく財務業績指標の代替、あるいはこれに優先するものと見なすことはできません。

  ジェフリーズ・グループおよび子会社 連結調整後財務データ(抜粋) (単位:千) (未監査)           2015年8月31日締め年初9カ月 GAAP 調整額 調整後   純収入 $ 1,962,154 $ 80,562 (1) $ 1,881,592   利息外費用: 報酬・給付 1,182,484 80,570 (2) 1,101,914 報酬・給付以外の費用   674,981     114,841   (3)   560,140   利息外費用合計   1,857,465     195,411   (4)   1,662,054     営業利益(損失)   $ 104,689     $ (114,849 )   $ 219,538     純利益(損失)   $ 75,219     $ (77,437 )   $ 152,656     報酬比率 (a) 60.3 % 58.6 %     2014年8月31日締め年初9カ月 GAAP 調整額 調整後   純収入 $ 2,465,329 $ 147,890 (1) $ 2,317,439   利息外費用: 報酬・給付 1,390,043 76,824 (2) 1,313,219 報酬・給付以外の費用   658,245     104,511   (3)   553,734   利息外費用合計   2,048,288     181,335     1,866,953     営業利益(損失)   $ 417,041     $ (33,445 )   $ 450,486     純利益(損失)   $ 261,079     $ (17,130 )   $ 278,209     報酬比率 (a) 56.4 % 56.7 % (a) 米国GAAPによる報酬比率と調整後の報酬比率の調整は、上述の項目の調整から算出しました。

提示された調整後財務情報は未監査の非GAAP財務指標です。調整後財務情報は、まず米国GAAPによる情報から、当社のべーチェ事業の営業を除外して調整したものです。開示された調整後の指数および調整額は、対応する米国GAAPによる指数と関連して提示された場合、投資家は、既存のべーチェ事業を考慮して当社の業績を評価できるため、投資家にとっては有益であると当社は考えています。これらの指数は米国GAAPに基づく財務業績指標の代替、あるいはこれに優先するものと見なすことはできません。

ジェフリーズ・グループおよび子会社

連結調整後財務データ(抜粋)

脚注

(1) 提示された期間のべーチェ事業の収入は、手数料、自己勘定取引、純利息収入を含み、調整後財務指標では収入からの控除に分類しています。

(2)  べーチェ事業の活動にのみ関連する従業員(フロントオフィスの人員および専属サポート要員を含む)に対して提示された期間に計上された報酬費用および給付は、調整後財務指標では報酬・給付費用からの控除に分類されています。

(3)  提示された期間のべーチェ事業の業務に直接関連する費用は、調整後の報酬・給付以外の費用から控除されています。これらの費用には、立会場仲介および決済手数料、べーチェ事業が事業活動を行う上で直接使用する資本計上されたソフトウエアの償却、べーチェの営業活動実施に直接関連する技術費用および賃料、顧客セールス・トレーディング活動の一環としてべーチェに発生した事業開発および専門サービス費用(べーチェ事業固有の一部の概算サポート費用を含む)が含まれます。

(4)  2015年8月31日締め四半期および年初9カ月の利息外費用合計には、それぞれ、ベーチェ事業からの撤退に関係する税引き前3310万ドルと6170万ドルの費用が含まれます。これらの費用の税引き後の額は、2015年8月31日締め四半期で2370万ドル、年初9カ月で4420万ドルです。これらの費用には、主に解雇費用、従業員維持費用および支払い手当、残存する制限付き株式および現金報酬の漸次償却費用、契約解除費用、ならびに事業縮小の結果としてもはや利用されないと予想される資本計上ソフトウエアの漸次償却費用が含まれます。当社は、2015年度の残りの期間において、税引き前1180万ドル、税引き後850万ドルの追加費用が発生すると予想しています。

  ジェフリーズ・グループおよび子会社 財務統計情報(抜粋) (単位:千、その他のデータを除く) (未監査)         四半期 2015年8月31日締め 2015年5月31日締め 2014年8月31日締め 部門別収入 株式 $ 203,077 $ 228,198 $ 171,708 債券 (18,151 ) 153,444   195,345 セールス・トレーディング合計 184,926   381,642   367,053   エクイティ 127,051 108,805 93,309 デット 113,928   154,670   175,597 キャピタルマーケット 240,979 263,475 268,906 アドバイザリー業務 148,841   140,787   198,887 投資銀行業務合計 389,820   404,262   467,793   資産運用手数料およびマネージドファンドの投資利益(損失) 資産運用手数料 7,067 4,903 7,379 マネージドファンドの投資(損失)利益 (2,885 ) 747   1,084 合計 4,182   5,650   8,463 純収入 $ 578,928   $ 791,554   $ 843,309   その他のデータ 取引日数 65 63 64 取引損失日数 21 10 9 ナイト・キャピタル・グループ(KCG)を除く取引損失日数 18 5 2   全社平均VaR(単位:百万) (A) $ 13.77 $ 12.80 $ 13.50 KCGを除く全社平均VaR(単位:百万) (A) $ 12.16 $ 9.86 $ 8.25 VaR(バリュー・アット・リスク)は、当社の取引ポジションに対して市場の不利な変動により1日の間に信頼度95%で生じる可能性のある損失額です。VaRの計算の詳細については、2014年11月30日期末年度のフォーム10-Kによる年次報告書の第2部第7項「経営陣による説明と分析」の「バリュー・アット・リスク」を参照してください。

  ジェフリーズ・グループおよび子会社 財務統計情報(抜粋) (単位:千、その他のデータを除く) (未監査)       年初9カ月 2015年8月31日締め 2014年8月31日締め 部門別収入 株式 $ 634,754 $ 537,769 債券 261,328   698,979   セールス・トレーディング合計 896,082   1,236,748     エクイティ 314,927 271,773 デット 329,474   495,635   キャピタルマーケット 644,401 767,408 アドバイザリー業務 421,676   445,854   投資銀行業務合計 1,066,077   1,213,262     資産運用手数料およびマネージドファンドの投資利益(損失) 資産運用手数料 25,955

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース