広大地評価判定と不合理分割IN京都

プレスリリース発表元企業:株式会社アプレイザル総研



不動産鑑定士事務所の株式会社アプレイザル総研(所在地:大阪府大阪市北区西天満1丁目10番16号 企業サービスビル3階、代表取締役:小林 穂積)は、「広大地評価判定と不合理分割」を、平成26年9月25日(木) 14時30分~16時30分に京都にて開催します。

【イベントの内容】
1.広大地評価判定のコツを分かり易くご説明致します。
2.相続対策と広大地との関係についてご説明致します。
3.広大地評価と不合理分割についてご説明します。
4.『広大地評価判定の実務』(ファーストプレス刊)に基づき、
実例を説明致します。

<こんな要望・悩みを抱えている方>
1:広大地を利用して顧客のニーズに応えたいとお考えの税理士の方
2:不動産を所有しておられる方
3:相続税対策にご興味のある方

【開催概要】
イベント名:広大地評価判定と不合理分割

日時:平成26年9月25日(木) 14時30分~16時30分
会場:ホテル法華クラブ京都 地下1階 フィオーレ
対象:広大地にご興味のある方
定員:15名
参加費:無料
詳細ページ:http://www.erea-office.com/pages/kenkyukai.html

お申込み方法:下記URLよりお申込書をダウンロードの上、FAXしていただくか、下記申込フォームよりお申込みください。
http://www.erea-office.com/pdf/kenkyuukai_46.pdf
https://ssl.form-mailer.jp/fms/223decc983917

リリース詳細へ
リリースプレスへ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース