2014-07-30 19:00:00

愛犬ちゃんの健康を考える “Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)健康おやつシリーズ サプリメント入りクッキー” 「アルギニンクッキー」を新発売!

プレスリリース発表元企業:絹株式会社

愛犬の楽しい時間を意義あるものに!

ペットの高齢化が進む中、ペットの健康への意識がますます高まってきています。
人よりも速いスピードで年を重ねていくペットの体は、私たちが感じているよりも様々な変化が起こっていたりします。
愛犬がずっと長く元気に健やかな毎日を過ごすために美味しく楽しく栄養を補ってあげられるサプリクッキーです。



プレミアムペットフード、およびペット用品の企画開発/製造を展開する 絹株式会社 (代表:梶村 亘) は、2014年7月24日(月)より、“Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)健康おやつシリーズ サプリメント入りクッキー” の発売を開始いたしました。


“Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)健康おやつシリーズ サプリメント入りクッキー” 「アルギニンクッキー」は、体内のアンモニアを毒素のない尿酸に変える働きがあります。わんちゃんの免疫力を向上させ、若返り、美肌、老化予防、長寿などのアンチエイジングをサポートします。

---------------------------------------------------
■アルギニンクッキー
---------------------------------------------------
アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める効果があります。また、アンモニアの解毒や血管の拡張による血流改善効果があります。さらにアルギニンは肌を保湿し、新陳代謝を促すことで、美しい肌へと導きます。
アルギニンというアミノ酸は、体内で作ることができないために食材などから摂取しないと賄うことができない「必須アミノ酸」という分類をされていますが、幼児期から思春期にかけてアスパラギン酸とグルタミン酸によって体内でも合成できるアミノ酸なので、性格には「準必須アミノ酸」と言えます。
アルギニンには以下のような働きがあります。

若返り、美肌、老化予防、長寿などのアンチエイジング
トレーニング後の疲労回復
メタボリックシンドローム、糖尿病、糖尿病合併症、動脈硬化、動脈硬化性疾患、高血圧、心不全などの生活習慣病

---------------------------------------------------
■「アルギニンクッキー」製品情報
---------------------------------------------------
Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)
“健康おやつシリーズ”
「アルギニンクッキー」
80g 781円(税別)

Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)”健康おやつシリーズ サプリメント入りクッキー” は、愛犬ちゃんと飼い主様に元気と笑顔をお届けいたします。

■ 垣内りかプロフィール
2000 年~2010年まで歌手活動を行い、引退後、愛犬パインちゃんの病気をきっかけに ドッグリフレクソロジストの資格を取得。リフレクソロジーやアロマテラピーなどワンちゃんのための癒しの技術をはじめ、フード学や行動学などを学び、現 在、ペットライフアドバイザーとして活躍。安心安全にこだわったフードやグッズを展開するペットブランド “Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ) ” をプロデュース。
大阪TOYOTAのドッグサークルアドバイザーとしても活動中。

【ライセンス】
ドッグリフレクソロジスト (日本リフレクソロジー協会/日本ドッグヒーリング協会認定 )
ドッグヨガインストラクター (日本ドッグヨガ協会認定)
愛護動物取扱管理士 (動物愛護協会認定)

【BonBon Copine(ボンボンコピーヌ)】
http://www.bonbon-copine.com/

【BonBon Copine(ボンボンコピーヌ)楽天市場店】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/bonbon-copine/

【垣内りか Official Site】
http://rikakakiuchi.com/

【絹株式会社】
http://kinu-co.com/


【本件に関するお問い合せ】
企業名 絹株式会社
担当者名 浅野
TEL 06-6925-0156
Email asanot@kinu-co.com

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース