Vetterは、Best Managed Companies Awardを3年連続で受賞

プレスリリース発表元企業:Vetter Pharma International GmbH

配信日時: 2022-05-19 12:57:59



本受賞は、Vetterの事業開発戦略とその遂行、サステナビリティへの継続的な取り組みを実証


ビジネス成長戦略とサステナビリティの両立に向けた企業努力
市場ダイナミクスの高まりに適格に対応してきた実績
ステークホルダーの期待に応えるための継続的なコミットメント


ドイツ・ラベンスバーグ (Ravensburg) -Media OutReach- 2022年5月 19日 - 医薬品受託開発製造企業(CDMO)のグローバル・リーディング企業であるVetter( https://www.vetter-pharma.com/ja/cdmo/
)は、Best Managed Companies Award を3年連続にて受賞しました。3年連続の受賞は、Vetterが医薬品サービス・プロバイダーとして、業界のリーディング企業であることを改めて示すものです。今回の受賞にあたり、選考委員会によってサステナブルな企業文化、成長企業としての継続的な取り組み、将来の市場ダイナミクスを見据えた新規事業開発戦略など、VetterのCDMOとしてのさまざまな取り組みが高く評価されています。
本賞はドイツにおいて、Deloitte Private (https://www2.deloitte.com/global/en.html?icid=site_selector_global)
、著名なドイツのビジネス紙Frankfurter Allgemeine Zeitung ( https://www.faz.net/english/
)、Credit Suisse (https://www.credit-suisse.com/international-wealth-management/en.html
)、およびBundesverband der Deutschen Industrie ( https://english.bdi.eu/
)(BDI、ドイ ツ産業連盟)によって、毎年、中規模企業を対象として、経営面にて優れた企業に与えられるものです。
Vetterのオーナー・ファミリーおよびシニア・マネジメントは、5月12日にドイツ・デュッセルドルフにて開催された授賞式において、栄誉ある本賞を受賞しました。


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1747/59015/700_837_202205191154496285b179d8793.jpg


写真(C)Vetter Pharma International GmbH:
Vetterのアドバイザリー・ボードの会長でありオーナー・ファミリーの一員である名誉評議員、ウド・J.・フェッター氏(左から2人目)、Vetterのマネージング・ディレクター トーマス・オットー氏(右から2人目)、デロイト社を代表してトーマス・シラー博士(一番右)、モデレーターのスザンヌ・ショーネ氏と共にBest Managed Companies Award.授賞式にて

Vetterのアドバイザリー・ボードの会長であり、オーナー・ファミリーの一員である名誉評議員、ウド・J.・フェッター氏は、次のように述べています。「3年連続で本賞を受賞したことは、Vetter、および現在5,700人に及ぶVetterの全従業員が成し遂げた素晴らしい業績といえます。本受賞は、Vetterが長期的なビジネス成長戦略とサステナビリティの双方において確実に成果を上げる、安定的かつ信頼性の高い企業であることを示すものです。」

Vetterは世界各国の顧客と綿密に連携し、ソリューション・プロバイダーとして、さまざまな難病を治療するための高品質な医薬品を完璧な状態で世界中の患者に提供するのが目的です。革新的で多面的なプログラムを採用することにより、環境面だけでなく、社会的、経済的な側面にも同様に配慮したサステナブルなアプローチで事業を運営する取り組みを行っています。さらに、本受賞には、オーストリア・ランクヴァイルにあるVetterの治験薬製造拠点が製造認可を速やかに取得したことに加え、Vetterの新たな戦略プラン「Vetter Next 2029」をスタートさせたことも大きく寄与していると考えています。

Best Managed Company プログラムのリーダーであり、Deloitte Privateのディレクターであるマーカス・シーズ氏は、次のように述べています。「Vetterは『Best Managed Companies Award』受賞企業として、再度、卓越した企業経営力を明確に示しました。ドイツにおける中小企業の基準となるだけでなく、現在の困難な時代における強力かつ思慮深い経済の象徴とも言えます。」
今回の受賞に際し、Vetterのマネージング・ディレクターであるトーマス・オットー氏とピーター・ゾルクナー氏は共同で、次のように述べています。「この3年間、連続して本賞の受賞企業に選出されたことは、Vetterが顧客と規制当局の双方から要求が高まり続ける、製薬・バイオテクノロジーという人の生命に関わる業界において重要な役割を果たしていることの強力な証拠と言えます。価格・納期の大幅な引き上げ・遅れという難題に直面しながらも、Vetterは最大限の努力を払って成功への道を歩み続けようとしており、顧客やパートナー、サプライヤーとの綿密な連携によって、それを実現しようとしています。」

Best Managed Companies Awardは、世界40カ国以上の非公開企業を対象に、組織力や事業の業績、起業家精神に優れた企業を表彰するプログラムです。毎年、世界中の多数の企業が受賞を競う本賞は、共通の評価フレームワークにおける独自の基準に基づく厳正な選考プロセスを経て、受賞企業が決定されます。選考に際しては、戦略性、生産性、革新性、企業カルチャー、コミットメントの主要項目におけるパフォーマンスと併せて、各企業の財務管理、コーポレートガバナンスについても評価されます。最終段階では、産業界、サイエンス、メディアの著名な専門家にて構成された評議会によって、受賞企業が決定されます。

Vetterのプレスキットおよび詳細情報はこちら( https://www.vetter-pharma.com/en/news/press/
)をクリックください。


Vetterについて
ドイツのラベンスバーグ(Ravensburg)に本社を構えるVetterは、ドイツ、オーストリアならびに米国に製造拠点を構えるグローバルの医薬品受託開発製造企業(CDMO)です。5,700人超の従業員( https://www.vetter-pharma.com/en/about-us/
)を擁するVetterは、大小を問わず、製薬・バイオ医薬品の顧客企業に対し、長年にわたりサービスの提供を行ってきています。
Vetterの開発サポートは、臨床開発初期段階における治験薬製造( https://www.vetter-pharma.com/en/services/clinical-manufacturing/
)からグローバル向け商業生産( https://www.vetter-pharma.com/en/services/commercial-manufacturing/
)向けの注射製剤のバイアル・シリンジ・カートリッジへの無菌充填や2次パッケージング( https://www.vetter-pharma.com/en/services/packaging-and-assembly/
)を含みます。
またVetterは、業界のリーダーとして、患者に対する安全性の確保や利便性向上を実現する、規制に順守したデバイスを開発することで、顧客のニーズをサポートしております。また、環境の保護やサステナビリティなど、企業の社会的貢献( https://www.vetter-pharma.com/en/about-us/sustainability/
)を持続的に果たしていくことについても、重視した取り組みを行っています。詳しくは、www.vetter-pharma.com ( https://www.vetter-pharma.com/ja/cdmo/
)まで





本件に関するお問合わせ先
Vetter Pharma International GmbH
Markus Kirchner
Corporate Spokesperson / Media Relations
Eywiesenstrasse 5
88212 Ravensburg
Germany
Phone: +49 (0)751-3700-3729
E-mail: PRnews@vetter-pharma.com

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform