eSIM市場は、複合年間成長率(CAGR)31.1%を記録し、2030年には6億6,080万米ドルに成長すると予測される

プレスリリース発表元企業:Report Ocean Co. Ltd.

配信日時: 2022-05-03 05:20:00




画像 : https://newscast.jp/attachments/INwYfPNRSmXyOgIqWYVW.png


2021年の世界のeSIMの市場規模は6億9120万米ドルでした。eSIMの世界市場は、2022年から2030年の予測期間中に31.1%の複合年間成長率(CAGR)を記録し、2030年までに6億6,080万米ドルまで成長すると予測されています。
eSIMは機能的に非常に優れたソフトウェアであり、ユーザーは異なるモバイルネットワーク事業者(MNO)間の切り替えやアカウント管理を行うことができます。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol882


市場に影響を与える要因


世界的なM2M接続数の増加が、e-sim市場の成長を促す大きな要因となっています。M2M通信はモバイルネットワークを介して行われるため、これらのSIMは接続されたエコシステムにおいて無線通信を確立するために重要です。さらに、リモートプロビジョニングやバッテリー寿命の延長といったeSIMの利点により、今後数年間、スマートメーター、コネクテッドカー、小売店のPOSといったM2Mアプリケーションの採用が急増するでしょう。その結果、調査期間中のeSIM市場に利益をもたらすでしょう。
eSIMは、M2M機器に搭載する際のスペースが小さくて済むため、今後数年間はその需要が高まると考えられます。逆に、認知度の低さが、調査期間中のeSIM市場の成長を制限する可能性があります。
eSIMは、製造業、自動車産業、家電産業など幅広い分野で利用されています。これらの産業は急速なペースで成長しているため、eSIMの市場は調査期間中に大きく成長すると考えられる。
地域別分析
地域別では、アジア太平洋地域のeSIM市場が最大の市場として浮上すると予測されます。これは、中国、インド、日本、韓国などの国々で技術的進歩の範囲が拡大していることに起因しています。さらに、新興国の力強い経済成長は、この地域のeSIM市場に十分な成長機会を提供すると思われます。また、インフラ整備や政府機関の取り組みが活発化していることも、同市場の成長につながる可能性があります。さらに、この地域は自動車産業や家電産業が盛んな地域でもあります。その結果、予測期間中、eSIM市場のプレーヤーにとって好都合な市場となるでしょう。


競合他社


ドイツテレコムAG
ジーセッケ・アンド・デブリエント社
インフィニオン・テクノロジーズAG
ジェムアルトNV
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
NXPセミコンダクターズN.V.
シエラワイヤレス
シンガポール テレコミュニケーションズ リミテッド
STMicroelectronics
テレフォニカS.A.
その他の有力企業


市場セグメンテーション


eSIMの世界市場は、アプリケーション、産業分野、地域に焦点を当ててセグメンテーションされています。
アプリケーション別
コネクテッドカー
ノートPC
M2M
スマートフォン
タブレット端末
ウェアラブル
その他
産業分野別
自動車
コンシューマーエレクトロニクス
エネルギー・ユーティリティ
製造業
小売
運輸・物流
その他
地域別
北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
欧州
西ヨーロッパ
英国
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西ヨーロッパ
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
UAE
サウジアラビア
南アフリカ
MEAの残りの地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol882




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press