歯科用チェア市場は、年平均成長率(CAGR)5.1%を記録し、2030年には8億5180万米ドルに成長すると予測される

プレスリリース発表元企業:Report Ocean Co. Ltd.

配信日時: 2022-05-03 05:00:00




画像 : https://newscast.jp/attachments/DkVsbwQmxw3vQhH8kNK2.png


歯科用チェアの世界市場規模は、2021年に6億1100万米ドルでした。歯科用チェアの世界市場は、2022年から2030年の予測期間中に5.1%の複合年間成長率(CAGR)を記録し、2030年には8億5180万米ドルまで成長すると予測されます。
歯科用チェアは、歯科治療中に患者の体を支えるために使用される医療機器です。外見はリクライニングチェアと同じですが、多関節型になっています。そのため、歯科医師が患者さんをほぼすべての姿勢にリクライニングさせることができます。これらのチェアは、治療のための電力、吸引、水を供給するコンパニオンデバイスであるデンタルエンジンに接続されています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol884


市場に影響を与える要因


口腔疾患の患者数が増加していることが、歯科用チェア市場の成長を促進しています。また、効率的な歯科医療施設に対する需要の高まりも、予測期間中の歯科用チェア市場の成長を促進するでしょう。
歯科用チェアの世界市場は、歯科用チェアの技術的進歩の範囲の拡大によっても推進されるでしょう。さらに、医療に対する消費者支出の増加や美容整形手術の需要の高まりも、分析期間中の歯科用チェア市場の成長に貢献するでしょう。
先進的な歯科用チェアに関連する高コストが、市場の成長を制限する可能性があります。一方、口腔内の健康問題、不健康な食習慣、不適切なブラッシング技術、喫煙などの治療に対する意識の高まりは、予測期間中の世界の歯科用チェア市場の成長を急増させるでしょう。
地域別分析
地域別では、アジア太平洋地域の歯科用チェア市場が最大の市場として台頭してくると予測されます。これは、同地域の高い人口基盤と老年人口の増加によるものです。さらに、不健康な食習慣や喫煙習慣の増加などが、調査期間中の市場成長を促進するでしょう。それとは別に、歯列矯正治療の利点に関する認知度の高まりも、調査期間中の歯科用椅子市場の成長に貢献するでしょう。可処分所得の増加や先端技術の採用の増加は、予測期間中のアジア太平洋地域の歯科用椅子市場にとって好機となるでしょう。


市場の競合他社


XO CARE A/S
オースチンデンタルイクイップメントカンパニー(A-Dec,Inc.)
ミッドマーク
デンツプライシロナ
ヘンリー・シャイン
デンタルEZ
ディプロマットデンタル社(Diplomat Dental, Inc.
ダナハーコーポレーション
プランメカ社
その他の有力企業


市場細分化


歯科用チェアの世界市場は、タイプ、製品、コンポーネント、アプリケーション、エンドユーザー、地域に焦点を当ててセグメンテーションされています。
タイプ別の展望
天井に設置するタイプ
移動式独立デザイン
デンタルチェアマウント型
製品別
電動
無電源
コンポーネント別
歯科用カスピドール
ハンドピース
その他コンポーネント
アプリケーション別の展望
外科手術
検査
歯列矯正用途
その他
エンドユーザー別
病院
歯科医院
学術機関
その他
地域別
北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
欧州
西ヨーロッパ
英国
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西ヨーロッパ
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
UAE
サウジアラビア
南アフリカ
MEAの残りの地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol884




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press