フォースタートアップス、JETROの 「日本におけるスタートアップエコシステムを海外に発信するための調査及び広報活動」に採択

プレスリリース発表元企業:フォースタートアップス株式会社

配信日時: 2022-01-04 13:00:00

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水 雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、2021年12月に独立行政法人日本貿易振興機構(以下、JETRO)から「日本におけるスタートアップエコシステムを海外に発信するための調査及び広報活動」に採択されました。




[画像: https://prtimes.jp/i/32589/149/resize/d32589-149-0ac085fb38f353f190a0-0.png ]


「日本におけるスタートアップエコシステムを海外に発信するための調査及び広報活動」とは
国が選定した「スタートアップ・エコシステム拠点都市(※)」の更なる発展・強化に向けて、スタートアップ によるグローバル展開・海外からの投資の呼び込みに必要となる、効果的な情報発信方法について、調査分析・実行する事業です。
なお、「スタートアップ・エコシステム拠点都市」のスタートアップ企業に対しては、令和2年度より海外アクセラレーションプログラムを実施しており、今年度は100 社のスタートアップ企業に対し支援を実施予定です。

この海外アクセラレーションプログラムは、今回採択された本事業との連携も予定されており、フォースタートアップスでは、今後も公共団体と連携した国内成長産業支援に取り組んでまいります。
(JETRO WEB サイト参照:https://www.jetro.go.jp/services/startup_city.html

(※)スタートアップ・エコシステム拠点都市とは内閣府の公募により、「スタートアップ・エコシステム拠点都市」として選定された、東京・中部・京阪神・福岡・北海道・仙台・広島・北九州の合計8つの対象地域を指します。

各対象地域には、自治体(区市町村・都道府県)・大学・民間組織(ベンチャー支援機関・金融機関・デベロッパー等)で構成されるコンソーシアム(協議会等)が設置され、文部科学省・経済産業省をはじめとした各省庁と連携して各種事業が積極的に実施される予定です。


目的
本事業を機に、海外投資家や海外企業に対し、国内スタートアップをより魅力的に伝えることで、スタートアップ・エコシステム拠点都市からグローバルに活躍するスタートアップの創出、スタートアップ・エコシステムの発展を図り、日本経済の成長に貢献してまいります。

フォースタートアップス株式会社 概要
社名 : フォースタートアップス株式会社
代表者 : 代表取締役社長 志水 雄一郎
設立 :2016年9月1日
事業内容:成長産業支援事業
所在地 : 東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー36F
https://forstartups.com/

フォースタートアップスは、「(共に)進化の中心へ 」というミッションを掲げ、「forStartups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有力ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資金支援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUPDB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業や行政との共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組んでいます。
さらに、産学官連携による成長産業支援を担うPublicaffairs戦略室を創設。
経済産業省管轄のJstartup supporters認定、内閣府やNEDO等の中央省庁の事業をはじめ、関西地域や中部地域における地方公共団体の事業に採択されています。
また、全国各地の大学・研究機関との産学連携等、セクターの垣根を越えた、成長産業支援プラットフォームの構築に向けた取組を推進しています。

PR TIMESプレスリリース詳細へ