【スタッフサービスグループ40周年記念 働く4世代4,000人対象調査 第2弾「仕事観」】 “生まれ変わったらやってみたい憧れの職業”、Z世代は「YouTuber」

プレスリリース発表元企業:株式会社スタッフサービス・ホールディングス

配信日時: 2021-11-29 10:01:20







ミレニアル世代・就職氷河期世代は「ITエンジニア/プログラマー」、バブル期世代は「公務員」 ~Z世代だけでなく全世代でトップ5にIT職種がランクイン。転職したい業界でも「IT」が上位に~

 人材総合サービスを全国で展開する株式会社スタッフサービス・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阪本耕治)は、働く4世代「Z世代」「ミレニアル世代」「就職氷河期世代」「バブル期世代」の4,000人を対象に、仕事にまつわる調査を実施しました。第2弾では、「仕事観」をテーマとした結果発表です。なお第3弾は来年1月以降に発表します。
 スタッフサービスグループは、2021年11月29日に創業40周年を迎えました。節目の年として4月に経営理念「チャンスを。」を刷新し、目指すビジョンを『いつからでも、どこにいても、誰もがより良い「働く」に出会える社会へ』としたほか、本調査も40周年記念として企画しました。


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_269_2021112620214661a0c34a8d739.jpg




***********************
<調査結果のポイント>
●「生まれ変わったらやってみたい憧れの職業」、Z世代は「YouTuber」、ミレニアル世代・就職氷河期世代は「ITエンジニア/プログラマー」、バブル期世代は「公務員」という結果に。全世代のトップ5に「ITエンジニア/プログラマー」がランクイン。
●「転職したい業界」は、Z世代は「IT」、ミレニアル世代は「医療」、就職氷河期世代・バブル期世代は「公務員」という結果に。
●「入社初日の自分へひとことかけるとしたら」では、Z世代は「辞めたいと思ったときが辞めどきだよ」、ミレニアル世代は「給与の6割は株につっこめ」など、働いてきた環境が異なることによるアドバイスや激励が反映。
●Z世代の50%以上が「人生で大切なもの」はお金と回答。ミレニアル世代・バブル期世代は「家族」、就職氷河期世代は「健康」がトップに。
●全世代で仕事3:プライベート7が理想である一方で、現実は仕事6:プライベート4とギャップのある結果に。
***********************

なお、本調査の結果は当社コーポレートサイトでも公開しております。
https://www.staffservice.co.jp/company/40th_survey.html#Second

調査結果詳細

【生まれ変わったらやってみたい憧れの仕事(n=4,000、単一回答】
◆Z世代は「YouTuber」、ミレニアル世代・就職氷河期世代は「ITエンジニア/プログラマー」、バブル期世代は「公務員」がぞれぞれ1位に。全世代で「ITエンジニア/プログラマー」がランクイン。


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_471_2021112620152661a0c1ce458f3.jpg



◆世代×男女別の結果では、世代間の特徴がより際立つ結果に。Z世代は男女ともに「YouTuber」。
ミレニアル世代男性は「株トレーダー」、就職氷河期世代の男性は「野球選手」と夢のある結果に。
バブル期世代は男女ともに「医師」「公務員」が上位に。


[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_454_2021112620152961a0c1d130523.jpg



【転職するならどの業界(n=4,000、単一回答)】
◆Z世代は「IT」、ミレニアル世代は「医療」、就職氷河期世代とバブル期世代は「公務員」という結果に。


[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_822_2021112620215061a0c34e66531.jpg



【入社初日の自分へひとこと(自由回答)】
◆「もし、初めて就職した初日の自分に声をかけるとしたら、なんと言いますか?」を自由に回答してもらいました。アドバイスや激励など、世代別に特徴のある声が。


[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_662_2021112620153761a0c1d96376a.jpg



【人生で大切なもの(n=4,000、複数回答)】
Z世代の50%以上が「お金」と回答。ミレニアル世代、バブル期世代は「家族」、就職氷河期世代は「健康」がトップに。若い世代ほど「お金」の比率が高く、年齢を重ねるにつれて「健康」に対する意識が高まっている傾向。

◆Z世代は自分が価値を感じるものにお金を使う傾向が強く、その志向が表れていると推測される。
◆ミレニアル世代は家庭をもつ人も多く、家族の大切さを感じていると推測される。
◆就職氷河期世代は健康を強く意識し始め、バブル期世代は両親や子ども、孫など家族について考える時間が増えると推測される。


[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_455_2021112620154161a0c1dd96382.jpg



[画像7]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_597_2021112620154461a0c1e03244b.jpg



【ワークライフバランスの理想と現実(n=4,000、単一回答)】
全世代で仕事3:プライベート7が理想である一方で、現実は仕事6:プライベート4。

◆理想・現実ともに、どの世代においてもほぼ同じ結果に。理想と現実のギャップがうかがえる。



[画像8]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_683_2021112620154661a0c1e24b2fe.jpg



[画像9]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_443_2021112620154861a0c1e47bf00.jpg




【調査概要】
■調査方法:インターネット調査
■調査期間:2021年9月11日~13日
■調査地域:全国
■調査対象:働く4世代4,000人
Z世代(1996年~2005年生まれ、調査時点での16~25歳 1,000人)
ミレニアル世代(1981年~1995年生まれ、調査時点での現在26~40歳 1,000人)
就職氷河期世代(1971年~1980年生まれ、調査時点での41~50歳 1,000人)
バブル期世代(1961年~1970年生まれ、調査時点での51~60歳 1,000人)
※経営者・役員、会社員、公務員・団体職員、自営業、自由業(士師業)、派遣・契約社員として働いている方
※本調査リリースの調査結果・グラフをご利用いただく際は、必ず【スタッフサービス・ホールディングス調べ】とご明記ください
※構成比の数値は四捨五入しているため、合計が100%にならないことがあります

●本調査の結果は当社コーポレートサイトでも公開しております。
https://www.staffservice.co.jp/company/40th_survey.html#Second
●下記URLより、本リリースに使用している画像をダウンロードいただけます。
https://photos.app.goo.gl/c9QxW7DE7jiitK9M9




■スタッフサービスグループの経営理念「チャンスを。」
私たちは今年4月、経営理念「チャンスを。」を刷新し、あらたにビジョン、ミッション、バリューズを追加いたしました。『いつからでも、どこにいても、誰もがより良い「働く」に出会える社会へ』を実現するため、人、組織、社会のさまざまな雇用ニーズをつなぎ、社会価値を創出してまいります。
https://www.staffservice.co.jp/company/principle.html

[画像10]https://user.pr-automation.jp/simg/1473/53692/700_420_2021112620155061a0c1e68cb21.jpg




【Column : スタッフサービスグループが見る、働く人の仕事観】
“生まれ変わったらやってみたい憧れの職業”ーZ世代だけでなく全世代のトップ5に「ITエンジニア/プログラマー」がランクイン。未経験でもチャレンジしたい働く人の気持ちの表れと推測。

IT人材の必要性がますます高まる中、現時点でスキルや経験からITエンジニア/プログラマーへの転職のハードルの高さを感じているからこそ、”生まれ変わったらやってみたい憧れの職業”で上位にランクインしたと推察されます。
その一方で、“転職するならどの業界”においても全ての世代で上位5位以内にIT業界がランクインしています。
これは転職のハードルの高さを感じ、新たな一歩がなかなか踏み出せないでいる一方、未経験でもスキルを身につける機会があったり、チャレンジできる仕組みがあればかなえてみたい、という気持ちや願望の表れだと推測されます。

スタッフサービスグループでは、経営理念「チャンスを。」のもと、未経験の派遣スタッフもたくさん働いています。
例えば、技術者・ITエンジニアの人材派遣をおこなうスタッフサービス・エンジニアリングで働いているエンジニアのうち、2人に1人が技術職未経験者です。当社独自の「キャリアサポートシステム」を通して未経験からエンジニアになれる仕組みを充実させています。そのほか、事務職、医療・介護分野、製造分野においても未経験層が就業しています。

コロナ禍でますます高まる学び直しやリスキリングのニーズに応えるため、これからもスタッフサービスグループは、未経験からのキャリアチェンジや知識やスキルを学べる機会を作り続けてまいります。




■スタッフサービスグループ概要
 創   業 : 1981年11月29日
 代   表 : 阪本 耕治
 本   部 : 東京都千代田区神田練塀町85 JEBL秋葉原スクエア
 事業内容 : 人材派遣(事務職、技術者、ITエンジニア、製造業務、医療・介護分野)、紹介予定派遣、人材紹介、業務請負
 売 上 高    : 3233億円(2021年3月期)
 従業員数    : 4,374人(2021年4月現在)
 取引先件数   : 46,275件(2021年3月現在)
 有効登録者数: 約120万人(2021年3月現在)
 就業者数    : 79,874人(2021年3月現在)
 拠 点 数    : 国内166拠点(2021年4月現在)


本件に関するお問合わせ先
株式会社スタッフサービス・ホールディングス 広報部 野崎・野坂
TEL:03-5209-7177 / メール:ssg-pr@staffservice.ne.jp
野崎(携帯)080-4458-5599 /野坂(携帯)080-3317-6920

関連リンク
40周年4世代4000人大調査 第2弾「仕事観」
https://www.staffservice.co.jp/company/40th_survey.html#Second

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform