会話サマリーAI電話”pickupon(ピクポン)”、「TechCrunch Tokyo 2021」へ登壇・出展

プレスリリース発表元企業:pickupon

配信日時: 2021-11-15 10:04:27

12月2日(木)・3日(金)開催。オンラインにて視聴可能。

会話サマリーAI電話「pickupon(ピクポン)」を提供するpickupon株式会社(読み:ピクポン、本社:千葉県市川市、代表取締役:小幡洋一)は、12月2(木)・3日(金)に開催されるオンラインイベント『TechCrunch Tokyo 2021』に登壇・出展いたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/33268/37/resize/d33268-37-9898c696ac96f586d6b4-0.jpg ]



■イベント概要
TechCrunch Tokyo 2021は、設立3年未満のスタートアップ企業が覇権を争う「スタートアップバトル」、シリコンバレーの今を学べるキーノートなどを通して、今起こりつつあるイノベーションを体感できるイベントです。
基調講演、スタートアップバトルなどのメインコンテンツを配信するメインステージ(enavle)と、参加者同士で交流ができるネットワーキングツール(Jublia)、メインステージと連動して進行するサブコンテンツや当日その場でコミュニケーションを行えるサブエリア(Ovice)で構成されています。

イベント名称:TechCrunch Tokyo 2021
主催:TechCrunch Japan(運営:Boundless株式会社)
日程:2021年12月2日・3日
詳細:https://jp.techcrunch.com/event-info/techcrunch-tokyo-2021/



■出展内容

Pickup Session「注目のシードスタートアップ」へのピッチ登壇
oViceによる企業ブース出展



■会話サマリーAI電話”pickupon(ピクポン)”について
ピクポンは、AIが電話で話した内容のサマリーをテキスト×音声で作成し、自動入力・共有してくれるサービスです。入力を意識せず、顧客との会話内容をチームのワークスペース(CRM・SFAなど)へシェアします。これにより、営業の架電シーンにおける入力漏れを防ぎ、入力コストを削減し、営業活動のブラックボックス化問題を解決します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/33268/37/resize/d33268-37-272635a47df5b1dc10d1-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/33268/37/resize/d33268-37-c0363996e8b361c5ab8c-2.png ]

連携可能ツール:Senses,Salesforce,HubSpot,Googleスプレッドシート,Slack
※Webhookを介して各社で作成されたシステムとの連携も可能

【製品資料ダウンロードはこちら】https://service.pickupon.io/



【会社概要】
会社名:pickupon株式会社
所在地:千葉県市川市菅野2-15-8 little green1F
代表者:小幡 洋一
設立:2018年2月15日
URL:https://corporate.pickupon.io/
事業内容:会話サマリーAI電話 pickupon ピクポン(https://service.pickupon.io/)の開発・運営。営業ナレッジメディアゆるふわ営業ハック(https://www.yurufuwasales.io/)の運営。

【お客様からのお問い合わせ先】
pickupon株式会社
TEL:050-3134-5404
e-mail:info@pickupon.io
問い合わせ:https://service.pickupon.io/inquiry

PR TIMESプレスリリース詳細へ