Robot ConsultingとLife is Styleが3Dアバターを活用したAI法律相談サービスの共同開発を開始

プレスリリース発表元企業:株式会社Life is Style

配信日時: 2021-09-30 11:00:00

3Dホログラムディスプレイ事業を行う株式会社Life is Style(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大貫 誠、以下「ライフイズスタイル」)は、AI技術を用いたソフトウェア開発を行う株式会社Robot Consulting(本社:東京都中央区、代表取締役:臼井 亮人、以下「ロボットコンサルティング」)と、3DアバターとAI技術を用いた弁護士業務及び個人相談の効率化サービスを2021年10月1日(金)より共同開発することに合意したことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/80410/11/resize/d80410-11-2646470d04e8c296611f-0.png ]

■開発するサービスの概要
3Dホログラムディスプレイ「3D Phantom(R)(以下、「3Dファントム」)」に映し出されたAI弁護士アバターに対話形式で手軽に相談を行う事が可能となります。
提供開始は2021年12月、公共施設などへの導入を予定しております。

■共同開発の背景
ロボットコンサルティングでは、これまでWEB上で弁護士事務所内での業務効率化システムや個人からの法律相談における効率化サービスを提供する中で、ユーザーからは「AIなので、他人に悩みを打ち明ける心理的な負担がなくて良 い。」という評価をいただく一方で、PCの操作が不慣れなユーザーからは、「リアルの場で簡単に相談できる機会があったらもっと使いやすい。」という声が寄せられていました。
そこで、AIの活用による心的負担の軽減とアバターの活用による安心感を提供する本サービスを通じ、「司法をより身近に感じる事ができ、安心して生活できる社会づくり」を目指していくために、当社の3Dホログラムディスプレイ「3Dファントム」を活用した本サービスを共同で開発することになりました。

■3Dファントムについて
3Dファントムはライフイズスタイルが提供する、LED光源がライン状についたブレードを高速回転させ、光の残像によって映像を映し出し、インパクトのある3D映像を肉眼で体験できる3Dホログラムディスプレイです(専用メガネ等は不要)。
[画像2: https://prtimes.jp/i/80410/11/resize/d80410-11-d807de45815731cb4ed9-1.jpg ]

3Dファントムの詳細はこちら:https://phantom-3d.net/

■AI労務・弁護ロボのサービス概要
AI技術を用いた総合労務管理システム
・既存の労務管理に加え、同一労働同一賃金や助成金申請管理といった世の中の流れに合わせて必要なサービスを提供します。

AI技術を用いた弁護士業務及び個人相談の効率化サービス
・弁護士事務所内で主に手作業で行い、且つ日常的に発生する業務として「判例データ」や「社内過去データ」の検索&提示を行います。人件費の削減及び業務効率化に大きく影響するサービスです。
・個人的に相談するには敷居が高い簡易相談事案やネットでの誹謗中傷事案など、個人に起きうるトラブルに関して、AI技術で解決に向けてサポートします。

■ライフイズスタイル 会社概要
「すべての人に新鮮な体験を提供するインフラとなる」をビジョンに掲げ、近未来感のある3Dホログラム映像で新しい体験価値を提供するエクスペリエンスデザインカンパニーです。自社サービスの「3Dファントム」の提供を通じて、商業施設やイベント、屋外広告などで企業と生活者の新しい出会いづくりを進めていきます。
所在地:東京都渋谷区神宮前2-18-21 kurkku home 1F
設立:2017年1月6日
代表取締役:大貫 誠
事業内容:サイネージ広告事業、映像コンテンツ事業、アプリケーション開発
会社HP:https://lifeis.style/
製品HP:https://phantom-3d.net/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCNnfttlAOhj14Z5LrcUF0FQ
Twitter:https://twitter.com/_3dphantom

■ロボットコンサルティング 会社概要
会社名:株式会社Robot Consulting
所在地:東京都中央区新川1-7-3 ウィンド新川ビル3階
代表者:臼井 亮人
設立:2020年4月
URL:http://robotconsulting.net/
事業内容:AI技術を用いたソフトウェア開発及び販売、ロボット等の企画、研究、開発、製造、販売、修理、ロボット等のシステム商品化及び利用普及の促進

PR TIMESプレスリリース詳細へ