ガイドレシーバー「イヤホンガイド(R)」が日本最大級の縄文集落跡「特別史跡三内丸山遺跡」にて利用開始

プレスリリース発表元企業:株式会社ケンネット

配信日時: 2021-06-29 12:00:00

大型掘立柱建物跡

掘立柱建物

イヤホンガイドKR-500

ガイドレシーバー「イヤホンガイド」をツーリズム業界中心に展開する株式会社ケンネット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上田 雄太、以下 当社)は、先ごろ国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から世界遺産への登録の勧告がなされた「特別史跡三内丸山(さんないまるやま)遺跡」(青森県青森市、以下 三内丸山遺跡)にて、イヤホンガイドの利用が開始されましたことをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/265056/LL_img_265056_1.jpg
大型掘立柱建物跡

三内丸山遺跡は、今から約5,900~4,200年前の縄文時代の日本最大級の集落跡で、国の特別史跡として通年公開されている青森県を代表する人気観光スポットです。本年5月26日には、三内丸山遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)から世界遺産一覧表に「記載」することが適当である旨の勧告がなされ、7月に正式決定される見通しです。

三内丸山遺跡では、視察、イベント時等複数人の参加者がいる場面でイヤホンガイドが利用されています。今回、当社のイヤホンガイドの利用を開始したことにより、(1)話し手が「マスクごし」でもガイドの声を聞き手へクリアに届けることと、(2)ソーシャル・ディスタンスによる参加者の安全の確保が、同時に可能となりました。

当社では今後も、観光・見学・研修を始めとする様々なシーンでの音声ガイドニーズと、ガイド時のソーシャル・ディスタンスの確保にイヤホンガイドの提供でお応えしてまいります。


■イヤホンガイド(R)とは
イヤホンガイドは、観光地を中心に年間約70万人にご利用いただいている送信機と受信機からなる一方向の無線ガイドレシーバーです。1997年の発売以来、観光地をはじめ、工場・施設見学、美術館・博物館、セミナー会場、国際会議での同時通訳、スポーツ会場での解説など幅広いシーンで利用されています。旅行関連市場では90%以上の国内シェアを有しており、新型コロナ感染防止に有効な「3密回避」ツールとしても各業界から好評いただいております。
※「イヤホンガイド(R)」の商品またはサービスの名称などはケンネットの登録商標です。


■三内丸山遺跡の概要
名称 : 特別史跡三内丸山遺跡
所在地 : 青森県青森市大字三内字丸山305
見学時間: 9:00AM~5:00PM(GW中と6月1日~9月30日は6:00PMまで開館)
※入場は閉館の30分前まで
休館日 : 毎月第4月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日~1月1日
URL : https://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/


■当社の概要
会社名 : 株式会社ケンネット
本社所在地 : 東京都中央区築地6丁目17番4号 リードシー築地ビル6階
代表者 : 代表取締役社長 上田 雄太
設立 : 1994年12月
事業内容 : イヤホンガイドの製造・販売・保守サービス他
グループ企業: 株式会社パシフィックネット(東証第二部 証券コード 3021)
URL : https://www.earphone-guide.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press