デジタルPCR市場、2028年に11億3,990万米ドル到達見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-25 11:00:00

デジタルPCR市場、2028年に11億3,990万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「デジタルPCR市場の成長機会・成長予測 (2021-2028年):技術・製品タイプ・用途・エンドユーザー・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月24日より開始いたしました。

デジタルポリメラーゼ連鎖反応(dPCR)市場は、2020年に5億880万米ドルを売り上げ、2021年から2028年にかけて9.1%のCAGRで成長し、2028年には11億3,990万米ドルに達すると予測されています。

世界的なパンデミックの影響で、ddPCRシステムやSARS-CoV-2キットの需要が大幅に増加しています。これは、ddPCRの感度が高いこと、サンプルの種類による阻害がないこと、結果の理解が容易であることなど、さまざまな要因によるものです。さらに、複数の主要企業が、COVID-19の診断テストの必須要件を満たすために、自社のddPCRテストキットに対して米国食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可を取得したことも、需要の高まりにつながっています。
デジタルPCR(dPCR)は、検体の定量を検量線に頼らない簡便で再現性の高い方法です。これにより、核酸の正確かつ高感度な定量が可能となります。また、絶対定量や少数配列の解析にも利用されています。dPCRは、がんの研究、診断、個別化された治療、患者のモニタリング、フォローアップ管理において重要なツールであると考えられています。

デジタルPCR市場の成長を促進する要因としては、感染症の流行の高まりや、個別化医療に対する意識・受容の高まりなどが挙げられます。加えて、技術の進歩が予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。しかし、dPCR装置のコスト高や償還問題は、予測期間中の市場成長を阻害する要因となると考えられます。逆に、研究開発活動への資金提供の増加は、市場参加者に潜在的な成長機会を提供すると予想されます。推進要因の影響力は抑制要因の影響力を上回ると予想されます。

COVID-19は、2020年3月11日に世界保健機関(WHO)によってパンデミックと宣言されました。高感度の分子診断が必要とされることで、逆転写PCR(Reverse Transcription PCR)の偽陰性が大幅に減少することが期待されており、世界的な大流行により、COVID-19を検出するための堅牢な診断ツールが必要とされています。COVID-19のパンデミック以降、COVID-19の検査にはqPCRではなくdPCRが有効であるとする研究結果が多く発表されています。ddPCRシステムやSARS-CoV-2キットの需要が大きく伸びているのは、ddPCRの感度が高いこと、サンプルの種類による阻害がないこと、結果の理解が容易であることなど、さまざまな要因によるものです。さらに、COVID-19の診断テストの必須要件を満たすために、複数の主要企業が自社のddPCRテストキットに対して米国食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可を取得したことも需要の増加につながっています。例えば、2020年6月、Stilla社はNaicaシステムと呼ばれるdPCRソリューションを提供しています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009352-digital-pcr-market-by-technologies-product-type.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress