パッシブ認証の市場規模、2027年に40億9,300万米ドル到達見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-25 11:00:00

パッシブ認証の市場規模、2027年に40億9,300万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「パッシブ認証市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):コンポーネント・機能・展開・組織規模・産業・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月24日より開始いたしました。

パッシブ認証の市場洞察 - 2027年
パッシブ認証の市場規模は、2019年には7億9,600万米ドル、2020年から2027年にかけて22.7%のCAGRを記録し、2027年には40億9,300万米ドルに達すると予測されています。パッシブ認証は、認証を目的とした特定の追加アクションを必要とせずに、ユーザーのアイデンティティをチェックして確認する認証形態と定義することができます。このタイプの認証は、ユーザーが特定の追加アクションを行う必要がないため、フリクションレスと定義することができます。しかし、ユーザーの活動やその他の観察可能なデータが収集・分析され、ユーザーが追加の介入をしなくても本人であることの証拠が得られます。

2019年、世界のパッシブ認証市場のシェアは、主に技術の急速な進歩を背景としたソリューションセグメントが占めており、市場に有利な機会をもたらしています。音声バイオメトリクスは、暗証番号、パスワード、セキュリティ質問への回答など、従来の時代遅れのセキュリティ方法に取って代わり、電話やデジタル取引で本人確認を行うための安全で摩擦のない方法を提供します。また、悪意のある攻撃が急増していることから、AIベースの認証ソリューションへのニーズが高まっており、このことが予測期間中の市場範囲をさらに広げると予想されます。サービス分野は、サイバー犯罪の増加に伴い、パッシブ認証ソリューションの需要が急増していることから、市場の中で最も成長率の高い分野であると予測されます。また、迅速で安全なオンライン取引への需要が徐々に高まっていることも、近い将来のパッシブ認証市場の成長を促進すると予想されます。さらに、世界中の企業は、パッシブ認証を採用することで、信頼性の高い、安全で効率的なサービスを顧客に提供することに注力しています。

欧州は、パッシブ認証ソリューションの認証率や認知度の高さから、予測期間中に大きな成長を遂げると推定されています。世界的なサイバー犯罪の増加とデータセキュリティに対する需要の高まりは、予測期間中にパッシブ認証市場の成長を促進すると予想されます。同様に、個人情報の盗難、データ漏洩、ハッキングなどのサイバー犯罪が急増していることから、近い将来、パッシブ認証プラットフォームやソリューションの需要が高まると考えられます。さらに、迅速で安全なオンライン取引に対する需要が徐々に増加していることも、近い将来のパッシブ認証市場の成長を促進すると予想されます。さらに、世界中の企業は、パッシブ認証を採用することで、信頼性、安全性、効率性の高いサービスを顧客に提供することに注力しています。これにより、企業は顧客体験を向上させると同時に、データを保護することができると期待されています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009354-passive-authentication-market-by-component.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress