精子バンクの市場規模、2027年に48億6,039万米ドル到達見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-24 15:00:00

精子バンクの市場規模、2027年に48億6,039万米ドル到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「精子バンク市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):ドナータイプ ((既知ドナー・匿名ドナー)・サービスタイプ (精子保管・精液分析・遺伝カウンセリング)・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月23日より開始いたしました。

精子バンクの市場概要
精子バンクの市場規模は、2019年に47億4,151万米ドル、2020年から2027年にかけて5.2%のCAGRを記録し、2027年には48億6,039万米ドルに達すると予測されています。精子バンクはクライオバンクとも呼ばれ、人間の精子提供者から集められた精子を購入・保管し、妊娠を必要とする女性に販売する専門機関です。精子提供者は、精子バンクとの契約期間(通常は6〜24ヶ月)のみ精子を提供します。ドナーは2年以上にわたって精子を提供することができます。精子提供者は、必要な女性のために精子を提供するために、通常、年齢と病歴に関する特定の条件を満たしています。医学的には、提供された精子による妊娠は、性行為による妊娠と同様です。提供された精子は、人工授精技術によって女性に導入されます。 米国では、精子バンクは、USFDAによって設立されたHuman Cell and Tissue Bank Productによって規制されています。同様に、多くの国では精子バンクのドナーに対する規制が異なり、いくつかの規則や規制を立法化しています。

COVID-19の影響
COVID-19のパンデミックにより、全国的にロックダウンが実施され、あらゆる産業分野に影響を与えています。同様に、精子バンク市場もパンデミックの影響を受けており、病気の増加により人々の精子提供が減少しています。治療中の患者はサービスを受けることができず、各国のロックダウンにより手術も行われませんでした。そのため、COVID-19の発生は精子の供給にも影響が出ています。この病気のために、多くの産業が一時的な営業停止を余儀なくされ、生殖センターも活動を大幅に制限され、医療のいくつかの分野に影響を与えました。つまり、COVID-19の発生は、精子バンク市場の需要サイドを混乱させたのです。さらに、精子提供、人工授精、凍結保存に関する様々な脅威や懸念が、精子バンク市場の成長に悪影響を与えています。これには、男性および女性の生殖細胞や組織におけるCOVID-19ウイルスの検出、凍結保存中の精液サンプルの汚染、治療中の感染症の伝播などが含まれます。

精子バンク市場のセグメント
サービス別に、精子バンク市場は、精子の保存、精液分析、遺伝子相談に分類されます。精子保存とは、造精後、射精前の成熟した生存精子を長期間保存することです。精液分析は、男性の精子および精液の特定の特性を評価するものです。遺伝子相談は、患者の特定の質問や懸念に対する情報、サポート、回答を提供します。精子保存分野は、ドナーの精子を保存するための凍結保存技術の進歩により、市場で最大のシェアを占めると予想されます。また、人工授精の際にドナー精子を使用するケースが増えていることも、この分野の成長を後押しすると予想されます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009339-sperm-bank-market-by-donor-type-known-donor.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress